松本人志、徳井義実の申告漏れ問題で吉本に苦言「闇営業の時と似てる」


お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が、10日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、申告漏れ問題で活動自粛中のお笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実について語った。

徳井は謝罪会見後、社会保険に未加入だったことや銀行預金を差し押さえされたことなど、新事実が次々と明るみに。松本は、「別に蒸し返すつもりはないんですけど、闇営業の時とやっぱりちょっと似ててね」と切り出し、「もともとは宮迫の嘘から始まって……じゃないですか」とお笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之を巡る闇営業問題と比較した。

「今回は、徳井がオンリーで悪いですよ」としつつ、「でもその後のうちの会社の処置がダラダラダラダラしているというか。逆ばかりいってしまうのは何なんだろうか。見ててすごく歯がゆくてもどかしくて」と吉本興業の危機管理の甘さを指摘。

また、「俺が口出したらややこしくなるんで今回もずっと黙ってたんです」と沈黙を貫いていた理由を明かし、「『番組は一切降板なし』とか言ってしまったりするじゃない。それって芸人もかばえてないし、会社も得しない。何だろうか」「なんか裏目裏目というか。天気で言うたら、雨というと次の日晴れるし、晴れって言うたら……。ずっと晴れと言っといたら、逆に半分当たるのになと思うんやけど、見事に裏をかいていく。何かなと思うんですよね」とやりきれない思いを伝えていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ