ジェニファー・ハドソンがアレサ・フランクリンになりきる 伝記映画がNYで撮影開始

パワフルな歌声と貫禄で、歌手や女優として活躍するジェニファー・ハドソン。現在は故アレサ・フランクリンの生涯を描いた伝記映画『Respect』の撮影に大忙しだ。先日には60年代風のヘア&ファッションでアレサになりきった姿が目撃され、注目を集めた。

米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』で早々に脱落してしまったものの、抜群の歌唱力で2006年の映画『ドリームガールズ』に大抜擢されたジェニファー・ハドソン(38)。映画初デビューながら肝の据わった演技と美しい歌声で、ジェニファーは主演のビヨンセを差し置いてアカデミー賞最優秀助演女優賞を手に入れた。

音楽活動でも2008年のデビューアルバム『ジェニファー・ハドソン』がグラミー賞「最優秀R&Bアルバム賞」を、2016年にはミュージカル『カラー・パープル』で「最優秀ミュージカル・シアター・アルバム賞」を受賞するなど、彼女のパフォーマーとしての実力は折り紙つきだ。

そんなジェニファーは現在、“ソウルの女王”と名高い故アレサ・フランクリンの伝記映画でアレサの役に挑んでいる。現地時間3日にはニューヨークのマンハッタン北部ハーレムの街で、膝丈コートや大ぶりのイヤリング、トップにボリュームを持たせた60年代風の「ビーハイブ」(蜂の巣)ヘアで、すっかりアレサになりきるジェニファーの姿が初めてキャッチされた。

今回アレサ・フランクリンというこの上ない大役を引き受けたわけだが、実は企画段階から「伝記映画を作るなら、私を演じるのはこの人しかいない」と生前のアレサより直々に指名を受けていたジェニファー。昨年8月に執り行われたアレサの告別式と、今年5月に開催されたピューリッツァー賞授賞式では『Amazing Grace』を熱唱し、魂を揺さぶる感動的なパフォーマンスで会場に一大センセーションを巻き起こしたのは記憶に新しい。

激動の時代を生き抜き、60年以上にわたり米音楽シーンを牽引してきたアレサ・フランクリン。そんな“ソウルの女王”を、持ち前の歌唱力と演技力でジェニファー・ハドソンがどう演じるのか。ジェニファーのファンだけでなくアレサの長年のファンもまた、映画『Respect』の2020年8月の全米公開を首を長くして待っていることだろう。

ちなみにジェニファーは来月公開の人気ミュージカル『キャッツ』の映画実写版にも出演しており、こちらでは“半人半猫”の“グリザベラ”役であの名曲『メモリー』を熱唱している。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ