レイ・パーカーJr.&レイディオ、東阪ビルボードライブでの来日公演が決定

Billboard JAPAN

2019/11/10 11:00



魅惑のカッティング・ギターとグルーヴでファンを虜にするレイ・パーカーJr.&レイディオが、2020年1月に東阪ビルボードライブで来日公演を開催することが決定した。

1970 年代にアレサ・フランクリンやハービー・ハンコック、バリー・ホワイトらをギタリストとしてサポートしていたレイ・パーカーJr.。また、作曲家としてシェリル・リン、ニュー・エディションらにポップで良質なソウル・ミュージックを提供してきた。1977 年には自身のバンド、レイディオを結成。「ゴーストバスターズ」の大ヒットはもちろん、「ウーマン・ニーズ・ラヴ」「スティル・イン・ザ・グルーヴ」「イッツ・タイム・トゥ・パーティー・ナウ」等、珠玉のディスコ/ソウル・ナンバーを放った。

ソロ、そしてギタリストとしても円熟の歩みを続けてきたレイ・パーカーJr.が率いる彼らの80's 感あふれるステージは、2020年1月13日にビルボードライブ大阪、2020年1月15日と16日にビルボードライブ東京にて開催される。

◎公演情報
【レイ・パーカーJr.&レイディオ】
<ビルボードライブ大阪>
2020年1月13日(月・祝)
1st ステージ 開場 15:30 開演 16:30
2nd ステージ 開場 18:30 開演 19:30

<ビルボードライブ東京>
2020年1月15日(水)- 2020年1月16日(木)
1st ステージ 開場 17:30 開演 18:30
2nd ステージ 開場 20:30 開演 21:30

URL:http://www.billboard-live.com/

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ