【実例つき】すぐマネできる♡洋服&キッチンのすっきり収納アイデア

Sheage

2019/11/10 09:05


お部屋が広くなく、そのうえ備え付けのクローゼットが小さいと、物があふれてごちゃごちゃしがち。特にアイテム数が多い洋服や小物の整理は頭がイタイ問題ですよね。また、毎日使うキッチンツールの収納も多くの人が悩むところ。今回は、後付け収納もうまく使いつつ、お部屋をスッキリ見せるアイデアをご紹介します。

洋服がクローゼットに収まらないときのアイデア


photo
出典:https://sheage.jp/article/53509

クローゼットが小さいと服やバッグなどが収まりきらず、スチールラックや引き出しを使って収納している方も多いはず。せっかく片付いても、収納したさまざまなアイテムが丸見えの状態だと、部屋がごちゃついた印象になってしまいます。

そこで活用したいのが大きめの布。カーテンのように、スチールラックの全体を覆ってしまいましょう。色や見た目にばらつきのある服も隠せ、デザインが異なる引き出しや箱も見えなくなればスッキリとした印象に。布は圧迫感が出ないよう、淡い色や明るめの色を選ぶのがおすすめです。この方法は服の収納以外に、本や書類、雑貨をしまう棚でも使えます。

photo
出典:https://sheage.jp/article/53509

ハンガーラックを使っている方は、できるかぎり服の色を統一し、グラデーションになるように配置しみてください。色にばらつきがなければまとまり感が出ますし、お気に入りの服がきれいに並んでいると視界に入ったときにも気分がいいですよ。

特にこれからの寒い季節は、よく着るアウターをラックに掛けるようにすれば、片付けも取り出すのも楽ちん。かさばるアウターをクローゼットに入れない分、ほかのニットなどを余裕をもって収納できるようになるのもうれしいポイントです。

キッチンツールや調味料の収納のアイデア


photo
出典:https://sheage.jp/article/53509

食器やキッチンツール、調味料などが混在し、雑然と見えてしまいがちなキッチンの棚では、同じデザインの引き出しを並べて分類収納しましょう。写真のように半透明の引き出しなら統一感が保たれ、取り出すときも中身の想像がつきやすいのでおすすめです。収納するものを仲間どうしに分け、常に定位置にしまうようにすれば、必要な物がすぐに手に取れ、ストックが減ってきた食材にも気づきやすくなり、一石二鳥です。

また、デッドスペースになりがちな冷蔵庫のサイドを使って、ラップやキッチンペーパーなどをマグネットで貼り付けて収納するワザもおすすめです。その際は色味を統一させることをお忘れなく。

photo
出典:https://sheage.jp/article/53509

よく使うキッチンツールは、突っ張り棒を利用して引っかける収納が便利です。スペースを有効活用できるうえ、取り出しやすさも抜群。ただここで気をつけたいのは、色や材質が異なるものをたくさん掛けるとごちゃごちゃな印象になること。アイテム数はなるべく絞り、色や材質が似ているものを集めるようにしましょう。お気に入りのデザインでよく使うアイテムだけを並べれば、料理のときの気分も効率もアップしますよ。

photo
出典:https://sheage.jp/article/53509

備え付けのクローゼットや棚が少なく収納にお悩みの方でも、上記のように工夫すればスッキリとした空間を作ることは可能です。これなら真似できそうだと思うアイデアが見つかった方は、ぜひ実践してみてくださいね。

writer / goodroom

取材協力

新しい部屋で、はじめよう。goodroom journal
http://www.goodrooms.jp/journal

当記事はSheageの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ