ブルース・キャンベルが教える「安くリアルなフェイク血液」を作る方法

191105_fake_blood_1
Image: io9

血糊作りってこんなに簡単だったんだ!

私、学生だったころに自主制作映画作りのために友達と血糊を作ったことがあるんですね。最初に結論から言ってしまうと、失敗しました。まぁ、学生同士でろくに知識もなく、キッチンにあるものだけで作ろうとしたから当たり前っちゃ当たり前なんですが…。

でも、『死霊のはらわた』のホラー大スター ブルース・キャンベルによると血のりは結構簡単に作れるみたい。では、どうやるのか? 一緒に見てみましょう。

191105_fake_blood_karo
Image: io9


191105_fake_blood_red
Image: io9


191105_fake_blood_blue
Image: io9


191105_fake_blood_nc
Image: io9


【材料】

カロコーンシロップ

食紅:赤/青

乳成分を含まないクリーマー

191105_fake_blood_karo_1
Image: io9


191105_fake_blood_red_2
Image: io9


191105_fake_blood_bruce
Image: io9


191105_fake_blood_nc_1
Image: io9


191105_fake_blood_mix_1
Image: io9


【作り方】

1)カロコーンシロップをボールに入れる

2)紅食紅を全部入れる。

3)青い食紅を数滴加える。

4)乳成分を含まないクリーマーを加えていい感じになるまで混ぜる。
191105_fake_blood_dye
Image: io9

超簡単ですね。子どもと一緒に作ったら楽しそう。人間の血液の色だけに限らず、カブトガニの青い血液とか、ニューギニアに住むトカゲの緑の血液とかも再現してみたら面白いと思います。 

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ