過ぎたことをとやかく言わない人は5割も 一方で10年前の話を持ち出す人も

しらべぇ

2019/11/10 08:00

(itakayuki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
過ぎたことについてとやかく言っても、なにも変わることはない。しかしつい気になってしまい、あれこれ考えてしまう人が多いのも事実だ。

■半数近くが過去をとやかく言わない


しらべぇ編集部では全国10~60代の男女1,733名を対象に、「自分の性格について」の調査を実施。



「過ぎたことをとやかく言わないほうだ」と答えた人は、全体で47.7%と半数に迫る高い割合になっている。


関連記事:「言わずとも察しろ」と思う男性 「ちゃんと言って」と不満を持つ女性

■妻が過去の話を持ち出す


性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっているのが印象的だ。



夫婦喧嘩のときに妻から、過去のことを持ち出されるという男性も。

「夫婦喧嘩のとき、妻はエキサイトしてくるとだんだんと過去のことを掘り返してくるようになる。喧嘩になった内容とはすっかりとずれて、『あのときも…』みたいな話になるので終わりがない。


『その話は終わっただろ』と言っても、『開き直るつもり?』とか返される。そんな展開が面倒なので、喧嘩になりそうなときはできるだけ自分が折れるようにしているけれど」(30代・男性)


■過去を責めても変わらない


部下への対応で、過ぎたことに対してとやかく言わないようにしている人も。

「僕も昔は部下への注意の仕方がしつこいところがあったけれど、それではついてきてくれないとわかり考え方を変えるようになった。


過去をどんなに責めても、変わることはない。過ぎたことにとやかく文句を言う時間があるならば、どうすれば次に同じ失敗しないかを考えるほうが建設的だと思う」(40代・男性)

■過去の嫌な出来事が思い浮かぶ


考えないようにしていても、ふと頭に思い浮かぶこともあるだろう。

「昔のことをあれこれ考えても仕方ないのは、理屈ではわかっている。だけどふいに頭の中に浮かんできて、ものすごくつらい気持ちになってしまう。


ちょっと前のことならまだわかるけれど、10年前の嫌だったこととかもたまに思い出す。『どれだけしつこいんだ…』と自分でも思うけれど、勝手に浮かんできちゃう」(30代・女性)


深く考えこんでしまう性格の人には、切り替えるのが難しいのだろう。

・合わせて読みたい→夫婦喧嘩で家を出たことがある? 妻が実家に帰り親から援護を…

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年10月28日~2019年8月30日
対象:全国10代~60代の男女1,733名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ