財布をミニマム化! ミニウォレットの使用レポとメリット・デメリット



長年使い続けていた長財布。買い替えるタイミングで気になっていたミニウォレットに変えてみました。しばらく使ってみて感じた長財布との違いや、メリット・デメリットについてまとめています。また、デメリットに感じた部分を使いやすくするために、どう仕組み化したのかをご紹介します。

こんにちは。ライフオーガナイザー®の橋本智子です。

長年使い続けてきた長財布を買い替えるタイミングで、気になっていたミニ財布に変えてみました。

そもそも財布をミニマム化したいと思ったきっかけは

・バッグを軽くしたい

・小さめのバッグに長財布を入れるとスペースを取ってしまう

という思いから。

最初は長財布とミニ財布を使い分ければいいかなと思って購入したのですが、実際に使ってみるとミニ財布が思いのほか使いやすく、使い続けるようになりました。

ミニ財布をしばらく使ってみて実感した長財布との違いやメリット・デメリット。また、不便に感じた部分を解消した仕組みについてご紹介します。
【長財布とミニ財布】実際比較してみて違いとは?

ミニ財布にも、さまざまな種類がありますよね。コンパクト過ぎるタイプや折りたたむタイプは使いこなせる自信がなかったので

・ジップタイプのもの

・紙幣は2つ折りで入ればOK

・カードが数枚入るもの

といった自分の基準を作り、最終的には長財布の約半分のサイズのものを選びました。

ミニ財布を使ってみて実感した長財布との違いは、そのサイズや容量。今まで長財布に慣れていた分、ミニ財布は見た目以上に軽く、小さく感じました。

中の容量も半分以下。大きく開く長財布と比べて、ミニ財布は厚みがない分、それ程開きません。

紙幣は半分に折ってちょうど入るようになっていて、硬貨を入れるスペースもとても小さくなっています。カード類を入れるためのポケットの数も約3分の1になりました。

人によって好みが分かれると思いますが、ジップ1つ開ければ全部が見渡せること、また折りたたみ式ではないので、紙幣や硬貨を取り出す手間が楽だと感じています。
ミニ財布を使って感じたメリット・デメリット

メリット
ミニ財布を使うようになって感じたメリットや効果はいろいろあります。

・とにかく軽い!

・小さめバッグでも楽々入る

・レシートが溜まらない

・本当に必要なカードだけに取捨選択できた

仕事で荷物が多い時など、財布の重さがストレスに感じていましたが、ミニ財布に変えてからはストレスフリー。肩掛けの小さなバッグでも邪魔になりません。

また、ついつい溜まりがちなレシートなども、ミニ財布の容量が小さいため、そもそも溜めることができません。毎日レシートを出して、整理するようになりました。

長財布に入っていたカードは必要なものばかりと思っていましたが、暫く使っていないカードや診察券は手放すことにしました。

ミニ財布には6枚カードが入るようになっていますが、全部入れると逆に取り出しにくいので、必要最低限の2、3枚のみを入れるようにしています。
デメリット
私にとってはデメリットよりメリットの方が大きく、ミニ財布にして良かったなと思っていますが、やはり不便に感じることもありました。

・荷物が多いときに、時々バッグの中で探すことがある。

・どうしても紙幣を使わざるを得ないときに、おつりで硬貨が増えてしまうと、とても取り出しにくい。

大き目バッグを使うときは、バッグインバッグに入れていますが、長財布に比べて存在感がなくなった分、一瞬で取り出しにくいことがあります。ただ、その分軽いので楽という面もあり、人によって優先順位は違うのかなと感じます。

一番不便に感じたのは「硬貨が増えてしまったときに取り出しにくい」という点です。そこでこの不便さを解消するために、コインケースを活用することにしました。
ミニ財布に入りきらない! カード類と硬貨の収納方法

子どもの学用品の集金などで、急に硬貨が必要! という場面があります。そのときのために、今までは必要に応じて両替をしてコインケースにストックしていました。

そのコインケースを活用して、ミニ財布の中で増え過ぎた硬貨をこのコインケースに移すことにしました。それ程一気に溜まりませんが、両替する機会も減り硬貨のストックもできて、一石二鳥! ミニ財布も毎回スッキリが続いています。

カード類も厳選したものの、どうしてもミニ財布には入りきらないけれど必要なものはあるので、別途カードケースに入れています。

最初は財布とカードケース、二度手間では? と思ったのですが、使ってみるとカードも診察券も探しやすいです。

カードケースはセリアのもの、コインケースはダイソーのものです。
まとめ
ずっとミニ財布ってどうなの? と気になりつつ、なかなか手が出なかったのですが、使ってみるとお気に入りになりました。ただ、人によって合う、合わないはどうしても出てくると思いますので、無理に変えるものでもないなと思います。長財布と使い分けてもいいですよね。

財布選びも今感じている使いやすさや不便さに目を向けることで、自分にちょうどいいものが見つかるのではないでしょうか。ミニ財布が気になる方へ……参考になれば幸いです。

当記事はマイナビウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ