周囲の人との「距離感」に悩んだら?【11月のタロット】からのメッセージ

OTONA SALONE

2019/11/9 20:30



【空】青空にゆるされて


青でよかった空の色。

もし空が一面オレンジとか黄緑とかだったら

人間の精神性は今とは全く違うことになっていたと思う。

プリズム7色の中で青色だけが乱反射されるから

空は青いのだという。

なぜ乱反射するのが赤でも黄色でもなくて青なのか。

どうやってそれは決まったの?

物心ついてからいままで、何度空を仰いできただろう。

長い息を吐いてもほどけていかないもやもやを胸に抱えて。

時にはかえって抜け切ったその青色が

痛みや恨めしさに映ることもあったけれど

それでも空はそこに変わらずあり続けてくれるもの

永遠そのものだった。

日々の暮らしに失くしたくない大事なものは、いくつも思い浮かぶけれど

たったひとつ選ぶとしたら

私は「空」とこたえてもいい。

大切な誰かとの距離の取り方に迷ってこのカードを引く人は多い。

向かい合ってしまう時の緊張感は

心にも身体にも負担をかける。

横に並んで同じひらけた景色を眺めるとき

共有できる言葉が見つかるかもしれない。

同じ沈黙が共有できるかもしれない。

私たちはどこまでも続く青空に許されている。

見えない星々に見守られている。

覚 和歌子

(C)FUKAHORI mizuho

詩人・作詞家

山梨県生れ/千葉県育ち。早大一文卒。平原綾香、smap、新垣勉、夏川りみ、クミコ、ムーンライダーズなどの作詞で、多くの作品をCD化。NHK全国学校音楽コンクール課題曲、校歌、合唱組曲等の作詞なども多く手がける。01年『千と千尋の神隠し』主題歌『いつも何度でも(曲・歌唱/木村弓)』の作詞でレコード大賞金賞。詩集『ゼロになるからだ』(徳間書店)、『はじまりはひとつのことば』(港の人)、『2馬力』(ナナロク社)など。エッセイ、絵本、翻訳など著作多数。映画監督、脚本、舞台演出、朗読、自らのバンドを率いてのソロライブ、米国ミドルベリー大学日本語学特別講師など。詩作を軸足にマルチな活動を展開。

***

ポエタロ」とは?




「ポエムタロットカード」を縮めた名前、『ポエタロ』。

47枚のカードにはそれぞれ、美しくやわらかい日本語の詩と、

かわいらしくも不思議な魅力のあるイラストが描かれています。

使い方はいたって簡単。シャッフルしたカードの中から、

その時の直感で1枚、あなた自身のためにカードを引いてみてください。

1日のはじまりにその日の指針を得てもいいし、なにか大きなチャレンジの前、

なかなか超えられない壁に直面しているときに。

そのときの気持ちや環境にリンクした、やさしい詩とメッセージが、

次の1歩を踏み出す勇気や確信を与えてくれる不思議なカードです。

あなたの心強い味方になってくれるはず

『ポエタロ いのちの車輪をまわす言葉』

覚 和歌子・著 石川 勇一(相模女子大教授)・監修 大野 舞(Denali)・画 カード47枚 ガイドブック付き 3,780円(税込)/地湧社

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ