アメコミもバットマンも知らない女子が『ジョーカー』を観た結果

fumumu

2019/11/9 18:00

(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
今、世界中にヒットの渦を起こしている映画『ジョーカー』。10月に公開され、1ヶ月経った今でも様々な反響が寄せられています。

「バットマン」でもお馴染みのアメコミ・DCシリーズの人気ヴィラン・ジョーカーがなせ悪のカリスマになったのか。その誕生秘話を描いた本作は「第76回ヴェネチア国際映画祭」で金獅子賞を受賞し、日本でも初日満足度ランキング1位を獲得しました。

興味はあるけど「バットマン知らない」「アメコミ読んだことがない」「ホラーは苦手」と、映画館への一歩が踏み出せていない人もいるのでは? fumumu編集部記者もそのひとり。しかし、意を決して先日映画館へ出陣!すると、バットマン、アメコミ知らなくても、ホラーダメでも楽しめました!今回はそのときの感想等をお伝えします。

■バッドマンの宿敵・ジョーカー


View this post on
Instagram


Regram from @fandango: Put on a happy face because we have new exclusive art for #JokerMovie. Tickets on sale NOW, link in bio.

A post shared by Joker Movie (@jokermovie) on Sep 24, 2019 at 1:00pm PDT

ジョーカーはアメコミのスーパーヒーロー・バットマンの宿敵として度々コミック等に登場してきました。

恐ろしいほど白い肌に常に不気味な笑みを浮かべ、ざっくりと裂けた真っ赤な口。知性と歪んだユーモアを持つサイコパスな最恐ヴィランとして描かれてきました。

バットマンの物語の中で化学物質で大勢の人を殺したり、銃を乱射したりと残虐な事件を起こすジョーカー。映画でも、これまでに多くの俳優が演じ、様々な「ジョーカー」が生まれています。

どの作品を通してもいえることは「悪人」ということ。そんな彼にフォーカスした映画ということで、アメコミファンたちの間で話題になっているのです。

しかし、アメリカではその過激すぎる内容に万が一の事態に備え、警察や米陸軍が警戒態勢を強化するという事態に。またR指定であるものの、アメリカでは子どもに「『ジョーカー』を見せないように」と警告を出す映画館もあるとか。


関連記事:ゆりやんレトリィバァのポールダンス動画「単純に凄い」「感動」と絶賛

■アメコミの知識がなくても大丈夫!


View this post on Instagram


本当の悪は笑顔の中にある⠀ ⠀ #映画 #映画鑑賞 #MOVIE #cinema #DC #ジョーカー #ホアキンフェニックス #Joker #JoaquinPhoenix #10月4日公開 #日米同時公開

A post shared by ワーナー ブラザース ジャパン (@warnerjp_official) on Aug 29, 2019 at 4:12am PDT

今作はこれまでのジョーカーの物語とは全く別物。バットマンもスーパーマンも出てきません。

舞台は薄汚れて不穏な空気が漂う街、ゴッサム・シティ。「突然笑い出す」という持病を持ちながらも、体が不自由な母と暮らす青年・アーサー。「どんな時も笑顔で楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見て、都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら細々と暮らしていました。

しかし、特殊な持病を持つため、他人から気味悪がれ、仲間からは拳銃を渡され、嵌められる始末。無力なアーサーは仕返しもせず、日々の苦行に耐えていました。

ジョーカーはアメコミの登場人物でありながらも、私たちが知っているジョーカーはここにはいません。これは社会派映画。1人の青年がなぜ悪の道に走ってしまったのか。その過程を丁寧に描いた映画です。

■女子大生が見た感想


感想としましては「とんでもないものを見てしまった」…。衝撃が強すぎて、エンドロールが終わって映画館が明るくなってもしばらく動けないほど。周りを見渡すと、同じくすぐに立ち上がる人は少なかったです。

まず、序盤からアーサーの生活の中で起こるトラブルやひどい仕打ちに心が痛くなります。思わず「こんなひどいことを周りの人にされていたら悪の道に走っちゃうよな…」と納得。

なんといっても、ジョーカーを演じる主演のホアキン・フェニックスの演技が秀逸! アーサーの体全体から溢れる、孤独、寂しさ、怒り、憎しみ…といった負のオーラ―は半端じゃありません。

■希望がない映画


そしてアーサーの体がガリガリ! その体の細さからも悲壮感が漂ってきます。それもそのはず、ホアキンはこの映画のために23㎏体重を落としたそう。ホアキンの役者魂がアーサーの不気味さが一層増していると感じました。

不気味といえば、笑い声にも注目。「突然笑ってしまう」という持病を持つアーサーですが、その笑い方もどこか不気味。ここでもホアキンの演技が光ります。

暴力的なシーンや生々しい殺害の様子は思わず目を覆いたくなる…。過激さは、さすがR指定。アメリカの警察官が警戒してしまうのも分かる気がします。

上映後、希望のない展開に何とも言えない空虚感が残ります。そして弱者と強者がいる世の中の不義理を思い知らされます。「明るい映画が好き」「暴力的な映画はちょっと…」という方は鑑賞前に覚悟しておいてください!

そのように考えてきた筆者ですが、それでも『ジョーカー』をオススメしたい。なぜなら、世の中の黒い部分を見ることによって、自分は何ができるのか考えるキッカケになったからです。

・合わせて読みたい→新木優子&飯豊まりえ&谷まりあ、美女3人で夏休みを満喫

(文/fumumu編集部・吉田あやの)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ