小籔千豊、希望していた場所で“結婚式が出来なかった”理由とは?「弟のコメントで…」

E-TALENTBANK

2019/11/9 18:15


11月7日放送のテレビ朝日系『アメトーーク』に、小籔千豊が出演した。

【別の記事】小籔千豊が抱える女性タレントへの“疑心暗鬼”にスタジオ驚き「俺もう…」

番組では“神社仏閣大好き芸人”として、神社・仏閣についてのさまざまなトークを展開。この中で、小籔は一番お世話になったとして大阪府大阪市にある“住吉大社”を紹介し、曽祖父に昔から言われていた事や縁があったため、末社の“種貸社”に石灯篭を寄付したと語った。

また現在の妻であり、当時付き合っていた彼女との結婚式はこの神社で挙げたいと考えており、両親にその説明をした際、弟が「え、姉ちゃん(挙式)和式なん?」「角隠しやから、姉ちゃん丸顔やし、めっちゃ面白い顔なりそうやな」とコメントしたと振り返った。

そして小籔の妻はこの言葉をきっかけにウエディングドレスを希望するようになったとして、「8年くらい言うてたんです、住吉(大社)さんで。俺2人で初詣何回も行って、いつか結婚するとき『こいつですねん。住吉さんお願いします』」と住吉大社で結婚式を挙げることを前提に妻と2人で参拝していたが、「急に弟のコメントでウエディングドレスになる。住吉さんもビビるで!」と語り、最終的に教会で結婚式を挙げたと明かした。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ