ジェニファー・ロペスの婚約者アレックス・ロドリゲス、家庭での“力関係”明かす

今年3月にジェニファー・ロペスと婚約し、互いの子供達とともに6人家族として暮らすアレックス・ロドリゲス。このたび出演したトーク番組のなかで「子供達は僕の言うことを聞いてくれない」「うちの家長はジェニファー」と、家庭内での力関係を明かした。

2017年春より2年越しの交際を実らせ、今年3月にジェニファー・ロペス(50)と婚約したアレックス・ロドリゲス(44)。「ニューヨーク・ヤンキース」の元スーパースターには、前妻との間にもうけた2人の娘ナターシャちゃん(14)とエラちゃん(11)がおり、一方のジェニファーには元夫マーク・アンソニーとの間に双子のマックスくんとエメちゃん(11)がいる。

アレックスとジェニファーの子供達は年齢も近く、また互いにラテンの血を引くせいかルックスも似ていることから、度々Instagramにアップされる6人の集合写真には、

「まるで本当の家族みたい」

「素敵な“ブレンディッド・ファミリー”(子連れ同士が一緒になり新たに誕生した家族の形態)で羨ましい!!」

と称賛コメントが続出している。そんな幸せな家庭を築くアレックスが、このほどトーク番組『Today with Hoda&Jenna』に出演し、家庭での様子などについて語った。司会者に「家庭で主導権を握っているのは誰?」と尋ねられたアレックスは、

「ジェニファーが帰ってくるまでは、僕がボスだね。子供達の護衛役、ドライバー、それに先生役もやるんだ。」

と“家長”として子供達に接していることを明かした。しかしジェニファーが帰宅すると“家長”の座はすぐさまジェニファーに奪われることとなり、4人の子供達はアレックスの言うことに全く耳を貸さなくなるそうで、どうやら一家を仕切っているのはジェニファーの様子だ。

ジェニファーは今年、50歳記念の『It’s My Party Tour』が成功を収め、映画『Hustlers(ハスラーズ)』では主役に抜擢、そして9月末には来年の「第54回NFLスーパーボウル」ハーフタイム・ショーでシャキーラとともに“ダブル・ヘッドライナー”を務めることが正式に決定した。プライベートもキャリアも大変充実した1年を過ごしたジェニファーだったが、エネルギッシュに道を切り開いていくジェニファーのような女性に惹かれるのは、自身の育った家庭環境と関係があるようで、

「母は仕事を2つ掛け持ちしていたんだ。僕には素晴らしい姉もいるしね。」

「未来を担うのは女性だよ。」

とパワフルな女性に魅力を感じる理由を明かした。

ジェニファー・ロペスのような超大物セレブと婚約し「家長はジェニファー」と自虐気味に語るアレックスだが、彼自身もまた実業家として成功している“Aリストセレブ”だ。この秋には“過去の人”と化したアスリートやセレブにスポットライトを当てる新番組『Back in the Game』でコーチ役を務め、そのカリスマ性や心のこもったアドバイスが好評を博している。

ハリウッド屈指の“パワーカップル”と称されるジェニファー・ロペスとアレックス・ロドリゲス。2人がともに築くエンパイアは来年もますます繁栄の兆しを見せている。

画像は『Alex Rodriguez 2019年10月30日付Instagram「Welcome to the greatest day in all of sports.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ