TVアニメ『放課後さいころ倶楽部』、第7話のあらすじ&先行場面カット公開


2019年10月から放送開始となったTVアニメ『放課後さいころ倶楽部』より、第7話「こころ、ひらいて」のあらすじ&先行場面カットが公開された。

○●TVアニメ『放課後さいころ倶楽部』、第7話のあらすじ&場面カット

■第7話「こころ、ひらいて」
喫茶店に一人でいた美姫は、突如現れたマキに半ば強引にツーリングに誘われる。風光明媚な山中で無邪気に川遊びを楽しんだあと、美姫のカバンに入っていた、“もんじろう”で遊ぶことに。ゲームの中で〝お互いに相手の悪口〟を言い合って遊ぶ2人。辛辣なマキの悪口にショックを受けながらも負けじとやり返し、次第に心が解放された美姫は「おおきに」とマキに感謝の言葉を伝える。その言葉の意味をマキもわかっていて……。
(脚本:前川淳、絵コンテ:伊東優一、演出:有冨興二、作画監督:和田佳純/児玉健二/岡田雅人/関本美穂/川口弘明、総作画監督:伊部由起子/宮川智恵子)

TVアニメ『放課後さいころ倶楽部』は、ABCテレビ、TOKYO MXほかにて放送中。各詳細はアニメ公式サイトにて。

(C)中道裕大・小学館/放課後さいころ倶楽部製作委員会

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ