オトナ女子だからこそ使える!大胆な色気を放つ一言

愛カツ

2019/11/8 16:45


「若さには勝てない」―――そんなふうに思っていませんか?

でも実は「アラサー以降にしか出せない色気がある」というのが、多くの男性の意見なんです。

そこで今回は、経験も積み、落ち着きがある年齢だからこそ使える、セリフをご紹介。

あえて大胆に、堂々と使うのが正解!

オトナ女子だからこそ使える!大胆な色気を放つ一言

■ 「〇〇な人ってベッドでも上手」

たとえば、彼がいつもしてくれる気遣いなどがあれば、「こういうところに気づく人って、ベッドの上でも上手なんだって」と言ってみてください。

耳打ちでコソっと。

もちろん、気遣いだけでなく、彼の得意なことに合わせていろいろなバリエーションが作れるので、ぜひ気になる彼に合わせて使ってみてください。

このセリフを使うときに、理由は不要。

聞き返されたら「ふふ」とほほ笑む程度でOKです。

答えざるを得ないときは、「友達から聞いた~」などでも可。

近しい仲であれば、彼はあなたとのベッドシーンを、想像してしまうはずです。

■ 「相性って大事だよね」

たとえば、彼が食べているものを一口もらい、味の好みが似ている話をしながら「おいしいって感じるものが、似てるっていいよね。相性って大事だよね~」など言ってみてはどうでしょうか?

彼を見つめて、唇を舐めながら……とかだと、ちょっと違うほうの味も、想像させることができるかも?

その他、身長差がちょうどいい、自分は冷え性だから温めてもらえてちょうどいいなど、体の大きさや触れ合ったときの“相性”の話題もおすすめ。

自然と色っぽい話題ができるはずです。

■ 「恥ずかしい~」+チラ見

体のことを褒められたり、見えてはいけないものが見えたり、ちょっと前のエッチのことを言われたりすると、ちょっと恥ずかしいですよね。

そんなときは、ヘタに隠したり、平気なフリをしたりせずに思いっきり恥ずかしがってみてください。

プラス、彼をチラっと見る仕草をすれば、ほどよい色っぽさが出せます。

視線だけでドキッとせることもできるので、帰宅後の彼の脳裏に焼き付いて離れないかも!

■ 「次は、もっと遅くまでいたい」

デートが夕方までか、ディナーの時間まで……というときに、このセリフが使えますよ。

いくらアラサーでも、「次はホテルにも行きたい!」なんてストレートには言えませんよね。

耳元で「次はもっと遅くまで一緒にいたいかも」とささやけば、十分意味は伝わります。

今日のデートが楽しかったことをたくさん伝えたあと、別れ際に言ってみてはどうでしょうか。

大人の余裕も感じさせつつ、彼をドキッとさせること間違いナシです。

■ おわりに

ポイントは、「彼に勝手に妄想させる」ということ。

別にそんな意味で言ったわけじゃないんだけど~、というフリをしつつ……という感じです。

余裕を感じさせたり、思考を誘導させたりできる手法は、アラサーだからこそ出せる魅力となるはず。

大胆さが肝心。

自身のことを、映画主演だと思い込んで使ってみてください!

女性はみんな、女優になれるのです。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ