【ビルボード HOT BUZZ SONG】嵐「Turning Up」が初登場首位 香取慎吾「Trap」は5位にチャートイン

Billboard JAPAN

2019/11/9 15:00



Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く【ホット・バズ・ソング】。今週は、嵐「Turning Up」が首位を獲得した。

本作は、嵐が11月3日にリリースした自身初のデジタル・シングル。集計期間1日でダウンロード1位を獲得し、本チャートで11連覇中だった米津玄師「馬と鹿」を見事抜き去り、初登場首位を獲得した。嵐は、本楽曲のリリースにあわせて、これまでにリリースされた全シングル64曲もダウンロード、ストリーミングで解禁され、各SNSも開設されるなど大きな話題となっており、今後のチャートアクションにも注目だ。

続く2位は米津玄師「馬と鹿」。今週もダウンロード2位、動画4位と上位にチャートインしている。また4位には、どついたれ本舗「あゝオオサカdreamin'night」がチャートイン。男性声優18人による音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』シリーズの最新作で、ダウンロード5位、動画36位、Twitterでは1位に。本楽曲は、アルバムの表題曲で、Creepy Nutsが制作したことでも話題となっている。また、香取慎吾「Trap」も初登場でダウンロード2位、Twitter11位に。10月1日にサプライズ配信された「10%」が話題となったが、本作はデジタルシングル第2弾で、2020年1月1日にはアルバムの発売も予定されている。

◎今週のBillboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2019年11月11日付)
1位「Turning Up」嵐
2位「馬と鹿」米津玄師
3位「Pretender」Official髭男dism
4位「あゝオオサカdreamin'night」どついたれ本舗
5位「Trap」香取慎吾
6位「フレア」Superfly
7位「Lemon」米津玄師
8位「白日」King Gnu
9位「イエスタデイ」Official髭男dism
10位「宿命」Official髭男dism

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ