京都祇園で話題のカフェが初コラボ!「吉祥菓寮」と「祇園 北川半兵衞」期間限定メニューを発売!

IGNITE

2019/11/9 13:00


京都に行った際にぜひ食べたいのが、抹茶のスイーツ。

「吉祥菓寮」と「祇園北川半兵衞」にて、「本物の素材」にこだわりぬいた期間限定のコラボメニューが登場だ。



吉祥菓寮ではパフェ「Japan Premium雅」を、祇園 北川半兵衞ではスイーツプレート「抹茶ときなこのデグリネゾン」を2019年11月1日より販売する。

■“吉祥菓寮”での提供メニュー「Japan Premium雅」
北川半兵衞商店こだわりの抹茶を2種類使用。限界まで抹茶を配合した特製抹茶アイスやきな粉のガナッシュなど、抹茶ときな粉のマリアージュが楽しめる。

ツートーンカラーも美しい、究極の和パフェを目指した吉祥菓寮の傑作パフェ。

販売価格:1,760円(税込)
販売期間:2019年11月1日~11月30日
販売店舗:吉祥菓寮 祇園本店、吉祥菓寮 京都四条店



■“祇園 北川半兵衞”での提供メニュー「 抹茶ときなこのデグリネゾン(飲み物つき)」
吉祥菓寮の厳選きな粉を3種使用。

菓子により抹茶ときな粉を使い分け、極上のプレートに仕上げた。プレート上5種類のデザート全てで、抹茶ときな粉のコラボレーションが楽しめる。

販売価格:2,600円(税込)
販売期間:2019年11月1日~12月中旬予定
販売店舗:祇園 北川半兵衞



■祇園 北川半兵衞について
最高級のお茶の魅力を伝えるため、文久元年(1861年)創業の宇治茶問屋「北川半兵衞商店」が祇園に構えた日本茶カフェ。築120余年の京町家で、ゆっくりじっくりと。茶葉本来の味わいを体感できる。



■吉祥菓寮について
1934年に創業、日本で初めて節分煎り大豆を商品として販売した「桂華堂」を前身とする「吉祥菓寮」は、自家焙煎きな粉を使用したこだわりのきな粉スイーツを提供。見た目だけではない、きな粉スイーツの美味しさは多くの人を魅了し、京都から世界へときな粉の新しい価値を提案し続けている。



厳選された抹茶ときな粉のこだわりスイーツを、旅の途中で味わってみては。

祇園 北川半兵衞URL:http://gion-kitagawahanbee.kyoto/
吉祥菓寮URL:https://kisshokaryo.jp/

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ