【全国紅葉の絶景】こころが揺り動かされる、大分県の紅葉人気スポット

TABIZINE

2019/11/9 12:30

いよいよ、待ちに待った紅葉の季節が始まります。夏のエネルギーを蓄えたように、赤や黄色に染まる樹々は、私たちを圧倒しますね。全国各地には、美しい紅葉の絶景があります。そこで、TABIZINEでは「全国紅葉の絶景」を連載でお届けします。今回は、大分県の人気紅葉スポットです。
金鱗湖
金鱗湖 写真提供:公益社団法人ツーリズムおおいた

九重“夢”大吊橋から眺めるのも良い くじゅう連山<竹田市久住町>
くじゅう連山
写真提供:公益社団法人ツーリズムおおいた

大船山御池
大船山御池 写真提供:くじゅうファンクラブ

大船山、久住山など標高1700m級の山々が連なる「九州の屋根」とも称される「くじゅう連山」。秋にはくじゅう連山の山肌が燃えるような赤や黄に彩られ、特にやまなみハイウェイからの眺めは最高。くじゅう連山の堂々とした姿と雄大な風景は、いかにも九州らしくダイナミック。

平成18年(2006)10月オープンした「九重“夢”大吊橋」から、くじゅう連山を眺めるのも良いでしょう。長さ390m、高さ173m、幅1.5mあり、歩道専用として「日本一の高さ」を誇る吊橋です。

くじゅう連山(れんざん)

【紅葉時期】例年10月下旬~11月上旬
【住所】〒878-0202 大分県竹田市久住町大字有氏
【入場料】無料
【公式サイト】くじゅうファンクラブ - 長者原ビジターセンター 
http://kujufanclub.com

魂を慰めるため降り注ぐもみじ 御霊もみじ<中津市耶馬溪町>
御霊もみじ1
写真提供:公益社団法人ツーリズムおおいた

御霊もみじ2
写真提供:公益社団法人ツーリズムおおいた

天正17年(1589年)中津城内で謀殺された宇都宮鎮房の12人の侍女が、この地まで落ち延びましたが、黒田の追手に捕らえられ命を落としたそうです。哀れに思った地元の人たちが、絶命したとされる畑のあぜ道に「姫塚」を建て、御霊を慰めるために「御霊神社」を祀りました。御霊神社の参道両側のもみじが色づくと、苔で覆われた参道には落ち葉の絨毯が敷かれます。史実を知ってみると、御霊もみじは女性的にも見え、侍女たちの魂を慰めるために優しく降り注ぐようにも思えます。

参考
姫塚ものがたり  大分県中津市
https://www.city-nakatsu.jp/kankodocs/2015041000344/

御霊(ごりょう)もみじ

【紅葉時期】例年11月中旬~11月下旬
【住所】〒871-0413 大分県中津市耶馬溪町大字戸原
【紅葉祭り】ライトアップ 10月26日(土)~11月24日(日)
【入場料】無料
【関連サイト】御霊もみじ | 中津耶馬渓観光協会 https://nakatsuyaba.com/?introduce=goryomomiji

吉四六(きっちょむ)さんの菩提寺 普現寺<臼杵市野津町>
普現寺
写真提供:公益社団法人ツーリズムおおいた

臼杵市野津町の「普現寺」は、とんちでお馴染みの吉四六さんのモデル初代廣田吉右衛門氏の菩提寺で、紅葉の名所。境内の約200本のもみじが赤と黄色のじゅうたんを作り、紅葉のライトアップが行われます。ライトアップ期間中の休日にはコンサートなどのイベントや一日のみ「焼き芋」の無料配布があるようです。

普現寺(ふげんじ)

【紅葉時期】例年11月中旬~12月上旬
【住所】〒875-0201 大分県臼杵市野津町大字野津市1346
【紅葉祭り】ライトアップ 2019年11月下旬 18時~21時予定
【入場料】無料
【公式サイト】吉四六の里 http://www.kichiyomu-kankou.com/guide/

こころが揺り動かされる、大分県の紅葉の絶景。ぜひ、紅葉見物に訪れたいものです。

注意:記事掲載の情報は、2019年10月31日現在のものになりますので、実際の紅葉の状況やイベントなど詳細につきましては、各観光協会や施設に直接お問い合わせください。

当記事はTABIZINEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ