子どもとお出かけ情報サイトスタッフに聞いた!楽しめて便利な関東近郊の高速サービスエリアや道の駅!

高速道路のサービスエリアや道の駅は、単なる「休憩所」というイメージを持っているという人はいないだろうか。だが最近では、大人も子どもも楽しめる便利なスポットになっているとか。「教えて!goo」にも、「高速道路のサービスエリアを楽しむバスツアー!?」ということで、高速サービスエリアに魅力を感じながらも車が運転できないユーザーから、「高速サービスエリアや道の駅を巡るツアーがあればよいのに……」と投稿が寄せられていた。そこで今回は、子どもとお出かけ情報「いこーよ」スタッフの追分翔海さんに、ファミリーで楽しめる、関東近郊の高速サービスエリアや道の駅を厳選してご紹介頂いた。車以外でアクセスできるスポットもあり運転しない人も必見だ。

■グルメが楽しめ、ファミリーにも便利な「高速サービスエリア」

まずは、東名高速(上り線)の海老名サービスエリア「エクスパーサ海老名」から紹介してもらった。

「限定グルメでは、『箱根ベーカリーセレクト』の、カレーパンにエビフライを挟んだ『海老名カレーパン』や、デパ地下や駅ナカで行列の絶えない点心専門店『PAOPAO』の、『ゴロっと旨塩 海老名まん』が人気です。高速道路初出店の『成城石井』に加え、24時間利用できるベビールームやベビーカーの無料貸し出しもあり、ゆっくりとグルメやショッピングを楽しめます」(追分さん)

海老名サービスエリアへは、上り下りともに一般道からもアクセス可能な上、小田急線「海老名駅」からバスを利用して行くこともできるそうだ。

次は、NEXCO東日本最大級の高速サービスエリアだ。

「2019年7月にリニューアルオープンした、東北自動車道(上り線)の蓮田サービスエリア『Pasar蓮田』です。グルメでは、明治18年、地元蓮田創業の『ひのでや食堂』が、地元食材を活かした丼や定食を楽しめると好評です。世田谷区に本店を構える人気ラーメン店『せたが屋』では、埼玉名物深谷ネギと特製平打ち麺がおいしい限定メニュー『深谷ネギチャーシュー平打らーめん』が食べられます。靴を脱いで遊べるキッズコーナーでは、長時間の移動に疲れたお子さんがリフレッシュできる他、24時間利用可能なベビールームも設置され、子連れファミリーに安心のスポットです。ベビーカーの貸し出しサービスもあるので、活用して頂きたいですね」(追分さん)

こちらも一般道からアクセス可能な上、JR「蓮田駅」からシャトルバスを利用しても行くことができる。

■地元の魅力がぎゅっとつまった「道の駅」

レジャー感覚で楽しめそうな、群馬県の「道の駅」も教えてもらった。

「藤岡市の『ハイウェイオアシスららん藤岡』には、群馬県発祥の洋菓子店『ガトーフェスタハラダ』の直営店があります。ソフトクリームやこだわりの豆を使ったコーヒーが人気で、期間限定の『コーヒーゼリーパフェ』もオススメです。授乳室や、オムツ替えシートなどが完備されている他、子どもが喜びそうなミニ遊園地『メルヘンプラザ』が併設され、観覧車やメリーゴーラウンド、コイン遊具などが楽しめます』(追分さん)

次は、川場村にある「田園プラザ川場」だ。

「大自然の中にあり、美しい芝生が広がる道の駅です。夏場は『ブルーベリー公園』で、無料でブルーベリーのつかみ取り体験ができます。村内の新鮮な野菜や果物を購入できる『ファーマーズマーケット』や、温泉、山の斜度を利用した滑り台『ちびっこゲレンデ』、アスレチックがある『プレイゾーン』などもあります。授乳室やオムツ替え用ベッドも完備され、赤ちゃんとも安心して過ごせますよ」(追分さん)

大人も子どもも楽しめるアクティビティが満載である。

「ティータイムには『カフェ・ド・カンパーニュ』にて、地元の良質な水やフルーツを使った飲み物や軽食を頂けます。ホテル田園プラザが隣接されており、宿泊可能なのはもちろん、おいしいランチビュッフェなどを利用できます」(追分さん)

こちらも、JR上越線「沼田駅」から循環バスでも行くことができるそうだ。「休憩」だけのために立ち寄るのはもったいないスポットばかりである。レジャーの「目的地」として訪れてみるのもよいかもしれない。

●専門家プロフィール:追分 翔海
熊本大学を卒業後、半年間NYにコメディ留学。総合商社を経て、アクトインディ(株)に入社。全国のファミリー向け大型テーマパーク・遊園地などの集客支援を手掛ける。親子共に楽しめ、学んで成長できる場を世界中に作るのが目標。一児のパパでもある。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)

当記事は教えて!gooウォッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ