あおり運転の種類とそれに該当する「罪」とは?

ラジオライフ.com

2019/11/9 11:05


あおり運転は昔から存在します。程度の差こそあるものの、ドライバーなら誰しも1度は経験したことがあるでしょう。ただ、そのほとんどは警察の目の届かないところで発生。ネズミ捕りや飲酒検問のように一斉に検挙することもなく、実態は曖昧でした。あおり運転の種類と該当する「罪」を確認していきましょう。

あおり運転の種類とそれに該当する「罪」とは?

あおり運転はどんな罪に該当するのか


あおり運転に対する世間の認識が変わったが、2017年6月に起きた「東名高速夫婦死亡事故」です。パーキングエリアで所定外の場所に駐車し、通行の妨げになると注意されたドライバーが、逆上して注意した相手を執拗に追い回したり進路を妨害するなどのあおり運転を実行しました。

高速道路の追い越し車線上で停止させたところで、後続車両が追突し、娘2人を残し夫婦が亡くなるという悲惨な結果となったのです。

はたして、あおり運転はどんな罪に該当するのでしょうか。まず挙げられるのは、車間距離保持義務違反、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反などの道路交通法違反です。

状況によって傷害罪、暴行罪も考えられます。さらに危険運転致死傷罪や、不必要にクルマを停止させたり速度を上げさせる強要罪に該当する可能性もあります。

あおり運転の幅寄せは暴行罪の可能性


あおり運転の具体例と罪について見ていきましょう。「異常接近」は、車間距離保持義務違反に該当。天候・路面・タイヤの状況にもよりますが、高速道路では100km/hで約100mが目安とされています。

「パッシング&ハイビーム」はどうでしょう。夜間、他の車両の交通の妨げとなるハイビームは減光等義務違反です。威嚇するパッシングもあおり運転とみなされます。

「激しいクラクション」は、不必要なクラクションを取り締まる警音器使用制限違反に該当します。ドラレコは音声も録音できるので、記録可能です。「幅寄せ」は事故にダイレクトにつながる危険な行為で、安全運転義務違反に該当。異常接近とともに暴行罪の可能性もあります。

「強引な割り込み」や「急ブレーキ」はどうでしょう。後方から進行してくる車両が急ブレーキや急ハンドルで避けなければならない行為は、進路変更禁止違反です。また、危険防止を理由としない不必要な急ブレーキは、急ブレーキ禁止違反となります。不必要な急ブレーキは当たり屋の手口の1つでもあるのです。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ