山崎まさよし、売れる曲を求められるのが悩み 「こんなん時のイタズラやろ」

しらべぇ

2019/11/9 10:30

(画像提供:『ダウンタウンなう』(C)フジテレビ
8日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ・関西テレビ系)の「本音でハシゴ酒」に、山崎まさよしが登場。ダウンタウン坂上忍と飲み友達の田中みな実が、悩み相談で盛り上がった。

■まさかの「キャシィ塚本」繋がり


山崎とダウンダウンには、実は知られざる繋がりがあることを明かす展開があった。ダウンタウンの冠番組「ごっつええ感じ」で松本人志が扮していた名物キャラクターのひとり「キャシィ塚本」である。

「キャシィ塚本の元ネタになったのは、ダウンタウンのお二方がバイトしていた『プチ』ってスナックのママですよね。ぼくもライブの打ち上げであのスナックにはよく行ってるんです。


それで、ぼくが『HEYHEYHEY』に出させてもうた時に、ぼくら3人が話してる場面を録画したVHSビデオを擦り切れるぐらい店で流してるんですよ。途中伸びて、なんかムヤァーンってなってるんです」


ダウンタウンの二人もこれには爆笑。松本も「たしかに4割はあの人を元にしてる」と頷いた。元ネタもなかなかに強烈なキャラクターのようだ。


関連記事:本上まなみ、「同郷のスター」ダウンタウンとは共演NGだった? 初共演で真相明かす

■「売れる曲ください」に困惑


ミュージシャンとして「売れる曲お願いします」と言われることに悩んでいると明かす山崎。

「売れるってめちゃくちゃ言うなあって。こんなん時のイタズラやろ、と。良い曲いっぱいありますからね。良い人もいっぱい居ますし」


これに松本が「良い曲が売れる曲ってわけではない」と共感を示す。意外と勘違いされがちな「いいモノなら売れる」というナイーブな認識を持つ人は世の中に多く、作り手を悩ませているのかもしれない。「ボツにしたのもありますか」と坂上に聞かれて、山崎が話を続ける。

「ボツにした曲もあります。昔のアルバムを作るのに、そういうのがいっぱいあんのやけど。後から聞いたら中々ええやないか、みたいな」


これを聞いた松本が「捨てようと思ったAVをもう一回みたら結構イケるのと一緒」と納得すると、山崎が「マジっすか!」と大げさな反応を見せて笑いを誘う場面も。

■松本の初対面は「印象最悪」

(画像提供:『ダウンタウンなう』(C)フジテレビ)
山崎が松本の初対面の印象が最悪であることを明かす場面もあり、思わず焦った松本が「マジですか!」と叫んだ。山崎がその時のエピソードを語る。

「最初楽屋行って、ぼくが挨拶しようと思って立ち上がったら、机にバターーンって突っ伏して『疲れたーーーー』ってやるから、挨拶ができなかったんですよ。ほんまなんですって、めっちゃ感じ悪かったんですよ。マジですよ」


松本は「僕は大好きやったんですけど。いつでも探していたのに」と、ワンモアタイムワンモアチャンスの歌詞を使った返しをしつつも「ショックを受けた」と漏らす。それを聞いた山崎は笑いながらも「こっちもショックでしたよ」と突っ込んだ。

■山崎のトーク力に視聴者爆笑


山崎とダウンタウンの息ぴったりなトークで盛り上がる番組を見て、視聴者から「トークがめっちゃ面白い」「吉本社長ネタをするなんて」「あんまり知らなかったけど開始5分で好きになった」の声があがる。

松本は「酒癖悪いぞ」とイジり続けていたが、酒の入った山崎のトークは実に面白かった。またのゲスト出演を期待してしまう人は少なくないはず。

・合わせて読みたい→『水ダウ』松本人志、クロちゃんのモンスターぶりに「気が狂ってる」

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ