ラグビーW杯決勝を観戦した南ア大統領が仰天告白「初トライの瞬間、実は…」

ラグビーW杯の優勝フィーバーからいまだ冷めやらない南アフリカ。現在、南アフリカ代表チーム「スプリングボックス」は各都市で優勝パレードを行っている。11月7日のパレード初日、政府庁舎のあるプレトリア・ユニオンビル(Union Buildings)にてセレモニーが行われ、大統領がラグビーW杯決勝でのある珍事を明かした。

11月2日、横浜国際総合競技場で行われた南アフリカとイングランドの決勝戦。英国からはヘンリー王子、南アフリカからはラマポーザ大統領が応援に駆けつけた。試合前半はペナルティキックの応酬で終了、勝負は後半へと持ち越された。

後半が始まるとややイングランドに押され気味だった南アフリカ、イングランドにいつトライを決められてもおかしくない場面が続き、ラマポーザ大統領はあまりの緊張にトイレに駆け込んでしまったという。しかしその瞬間、試合が動いた。決勝後半26分、南アフリカのマカゾレ・マピンピ選手が待望のトライを決めたのだ。南アフリカ国民が歓喜に包まれたまさにその時、ラマポーザ大統領はトイレにいたのである。

ラマポーザ大統領は「試合観戦中、ものすごく緊張していました」、「最初のトライを決めた時、あまりの緊張でトイレに行ってしまって」と明かし、周りの笑いを誘った。

また決勝の前日、大統領は南アフリカ代表選手らに会って激励したことをこのように語っている。

シヤ・コリシ(Siya Kolisi)キャプテンは(翌日の決勝について)『緊張している』、ラッシー・エラスムス監督(Rassie Erasmus)も『風に吹かれる葉っぱのように震えている』、そして他の選手たちも緊張を口にしましたが、そんな選手たちの言葉を信じることができませんでした。話している彼らの目を見て手を握ったとき、彼らの目には勝利の光が見えたからです。」

さらにラマポーザ大統領は「今が選挙の時期でなくて良かったかもしれません。選挙があれば、間違いなくスプリングボックスのメンバー全員が当選し、大臣として国会にいたことでしょう。コリシキャプテンは大統領、エラスムス監督は財務大臣になっていたかもしれません。今、コリシキャプテンと大統領の座を競わなくてホッとしています」とジョークを飛ばした。

画像は『PresidencyZA 2019年11月7日付Twitter「[PICTURES]: The #SpringbokChampions kick off the Championship Tour with a stop at the Union Buildings to hand the #WebbEllisCup to President @CyrilRamaphosa」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ