『99人の壁』佐藤二朗×千葉悠矢D、MCに唯一の要望「慣れないでください」


●打ち合わせがどんどん雑に
フジテレビ系クイズ番組『超逆境クイズバトル!!99人の壁』(毎週土曜19:00~)が、放送開始して2年、レギュラー化して1年が経った。チャレンジャーが自分の得意ジャンルのクイズで壁となる99人と対決し、全問正解すれば賞金100万円が獲得できるという斬新なルールで、“クイズ格闘場”と化した収録スタジオは、毎回熱気にあふれている。

この番組で初めてMCを務めている俳優の佐藤二朗だが、彼が本番中に「千葉!」と何度も呼びかける相手が、入社2年目で同番組を企画し、演出を担当するフジテレビの千葉悠矢ディレクター。番組スタート時は、それぞれMCと演出の“ルーキー同士”と言っていた2人に、これまでを振り返ってもらった――。

○■1つの企画に安住しない

――二朗さんのMCもすっかり定着しましたが、これまでを振り返ってみて、いかがですか?

佐藤:オファーが来たとき、俺がMCなんてできるわけないと思ってお断りしようと思ったんですけど、企画書が「あなたしかいないんだ!」という非常に熱いものだったので、会うだけ会おうと思ったのが運の尽きで…。そしたら、当時入社2年目の千葉が社内コンペで優勝した企画で、演出もやって、先輩がみんな全力でサポートする言われてですね、どうせ1回だけだし、大みそかだし、お祭り気分でやろうかということでお受けしたら、あっという間にこういうふうになってしまいまして。さすがにレギュラー化のときは妻に「どう思う?」って相談したんですけど、「言っちゃ悪いけど、長く続く番組じゃないと思うから、まあ与えられた期間を誠心誠意やれば?」と言われまして、それをスタッフに言ったらみんな爆笑してましたけど。でも、相変わらずMCをやるという気持ちはあまりなく、“クイズ格闘場の主宰者”を演じているつもりでやってます。

――番組がスタートしたとき、二朗さんはMC、千葉さんは演出で“ルーキー同士”と言っていましたが、その気持ちは変わらないですか?

佐藤:変わらずじゃないですかね。

千葉:僕も全然変わらないですね。レギュラーになってまだ1年しかたってないですし、全然知らないことばかりで、二朗さんに助けられながらやってるという感じはずっと同じです。

佐藤:いや助けるなんて全然! 千葉は僕の半分の年齢ですけど、心の中ではお父さんだと思ってますので、非常に依存してるんですよ。千葉からのたった1つの要望は「番組に慣れないでください」なので、相変わらず進行も随所に滞りながら、不慣れな感じでやっております。

千葉:でも、二朗さんは何回もやったクイズは進行を覚え始めてテキパキ仕切り出したり、演者さんへの振り方とかも徐々に初期とは違ってきて、これはマズいなと思ってるので、その分収録前の打ち合わせが雑になっていくということが起こっています(笑)

佐藤:もうですね、最初のうちは打ち合わせでわりと丁寧に教えてくれていたのに、今日の収録なんか新しい企画なのに「まあ収録中に把握してくれればいいです」って言われて、なんちゅうことだよ! でも、千葉はああ言ってくれますけど、全然進行はうまくなんかなってないですよ。本番中に段取りが分からなくなることは本当に度々ありますし。

――いろいろ新ルールも導入されて、番組が進化している部分を感じます。

佐藤:一風変わったクイズ番組にしたいという思いがあるみたいで、毎回毎回安住せず、どんどん新しい企画をやるので、慣れさせてくれないから毎回進行が滞るんです。でも、安住しないのはいいなと思いますけどね。

千葉:意図的に企画を変えているという狙いもあります。決まった形ができ上がった番組でもないので、ルールをちょこちょこ変えてみたり、この前は全員動物のジャンルでやってみたり、今回(11月9日放送)は壁が全員東大生で小学生がチャレンジャーになってみたり。それが常にどうなるのか分からないという状況で、いろいろ試してみてるんです。
○■毎回返しがホームランの小学生

――回数を重ねていくうちに常連になった参加者から名物キャラクターも生まれてきましたよね。参加者同士も知り合いになって、アットホームな雰囲気も伝わってきます。

佐藤:みんな友達になって、LINE交換して旅行に行ったり、遊びに行ったり、飲んだりしてるみたいですね。カメラが回ってないところで仲良くなっていて、そんな話を聞くと癒やしになります。でも、初めて『99人の壁』に参加する方もいて、そういう人が置いてけぼりに感じちゃうのも嫌なので、どんどん新しい企画をやって初めて参加する人も増えてほしいですね。

千葉:そうですね。新しく注目を浴びる人を毎回毎回出せるのが理想ですね。

――そんな中で、これまでの出場者で特に印象に残っている人を挙げるとすると、どなたになりますか?

佐藤:いやぁ難しいなあ~。もうありとあらゆる人がいますからね。でも、ジャンル「佐藤二朗」で来てくれる(住田)真綾(まあや)ちゃんですかね。どんな問題が出るのか、どうしても知りたいので、彼女にはまたぜひ来てほしいですね。

千葉:僕はやっぱり栗原叶(かなう)くんですね。最初は「京浜急行」に詳しい男の子だということで出てもらったんですけど、本番中、僕の真後ろの南の壁の最前列にいて、ずっとドス・ドス・ドスってセットを蹴る音がするんですよ。これは本物の暴れん坊型の少年を連れてきてしまって、いつかトラブルが起きて収録がてんやわんやになってしまうんじゃないか…ってちょっと不安だったんですけど、二朗さんと絡んでいると毎回返しがホームランなんですよ。年齢を聞いたら「放送日に限っては10歳になってます」とか言ったり(笑)

佐藤:小学生が何に気をつかってんだっていう話だよ!(笑)

千葉:ほかにも、「アフリカの音楽」というジャンルで、写真に出たアフリカの太鼓みたいな楽器の名前を答える問題で、自信満々に「太鼓!」って言ったり(笑)。これはすごい子が来たなという感じがありましたね。

――以前、千葉さんにインタビューした際、二朗さんと子供の化学反応が面白いという話をされていたのですが、二朗さん自身、子供との掛け合いは特に意識されているんですか?

佐藤:いや、僕は大人と同じようにしてるつもりなんだけど…。僕は精神年齢8歳の50歳児なので、相手が子供だから特別こうしようとは考えてないんですよ。でも、子供も大人もそうなんですけど、5ステージ勝ち抜くうちに100万円はどうでもよくなって、とにかく自分の好きなジャンルの問題にたくさん答えたい、みんなと戦いたいっていう感じがあるから面白いんですよね。

●カラオケバーのママが発した番組名

――これまでで印象に残ってるクイズはなんでしょうか?

佐藤:僕が先に問題の答えを言っちゃうこともありました…。でも、印象に残ってるのは「間違い探し」ですね。みんなで目をつぶって、その間で北の壁に細工して「通常と違う場所はどこでしょう?」っていうのは面白いなあと思って。日々作問チームが知恵をひねって面白い問題を考えてくれてるなあという感じがして、印象に残ってます。

千葉:ああいう“生出題”のクイズはまれにあるんですけど、「記憶力」というジャンルでもやって面白かったですね。

佐藤:「今から番組で起こることをよく覚えておいてください」ってコールしたクイズがあったよね。実際には出題できてないんですけど。

千葉:そうなんです。「記憶力」ジャンルで参加した人がセンターに来れなかったので、本当はその日の収録で起きた出来事をクイズで出すことになっていたんです。

佐藤:そうやって同時進行でクイズを作るのも面白いなあ。

――番組の反響はいかがですか?

佐藤:地方ロケとかに行くと、声をかけられる方の年齢の層が広がりましたね。子供はもちろんですけど、お年寄りの方にも「クイズ見てるよー」って言われます。この間、愛知県の小牧というところでカラオケバーに行きましたらですね、そこのママに「見てるよー、“100人の男”」と言われまして。そんなむさ苦しい番組やらないよ! 誰が見るんだ!って思いましたけど、声をかけられる年齢層の幅が広がったのは実感しています。

――俳優仲間の間ではいかがですか?

佐藤:冷やかし半分で「見たよー二朗ちゃん(笑)」「やってんじゃんクイズの司会(笑)」ってな感じで同業者には言われますね。この前、リリー・フランキーさんと向井理と『ボクらの時代』に出たんですけど、そこで『99人の壁』の話題になったら、2人とも自分ならどのジャンルで挑もうかって考えながら見てるんですって。理は昔バーテンダーやってたから、「ウイスキー」とか「お酒」とか考えてたんですけど、99人を相手にしたらもっと詳しい人がいそうだなあって言ってて、リリーさんは「AV」って言ってました。朝の番組で何を言ってんだ!と思いましたけど。

――クイズのMCをやって、役者業や監督業に生きていることはあるんですか?

佐藤:全くないですね(笑)。使う筋肉もギアも全然違う感じがします。自分の気づかないところで何か影響があるのかもしれないですけど、意識としては特になにもないですね。

――千葉さんには、どんな反響が届いていますか?

千葉:学校の先生の友人から「クラスで“99人の壁ごっこ”をやってる」というのを聞いて、すごくうれしいなと思いましたね。最初は全く子供向けじゃなく、大人の男たちがマニアックなクイズをやっていたのが徐々に変わっていって、間口が広がっているのかなっていう感じがします。意識してたわけじゃないんですけど、「うちの子が見てる」とか、この前やった「動物回を子供に見せた」とか、そういうのを聞くと実感しますね。

佐藤:本当にこの番組は家族で見られるよなあ。役者でやってるのは、腹黒いやつとか汚い言葉を使うとか暴力シーンがあると、子供にはなかなか見せられないことがあるんだけどね。

●スタジオの外から聞こえてくる嗚咽

――今回の収録(11月9日放送)は、東大生99人の壁に小学生が挑むという新企画ですが、いかがでしたか?

千葉:東大生が出る番組ってなると、普通だとクイズが強い東大生に小学生がみんなで寄ってたかってやっつけようってなると思うんですけど、今回の企画はその“逆”をやるという前代未聞の実験なんです。収録するまで、僕らも企画倒れになるんじゃないかって不安もあったんですが、どの小学生も東大生に歯が立たずあっけなく終わってしまうのか、それとも小学生たちが食らいついていくのか、そういう検証目線で見てもらうと楽しいと思います。

――この番組は自分の得意ジャンルで挑めるから、本当に老若男女が戦えるのが特色の1つだと思っているのですが、今回はその最も極端な対決ですよね。収録では、東大生に負けた子供が号泣してしまうというハプニングもありました…。

佐藤:子供が悔しくて泣くっていうのは想像できるんですけど、それが徐々に嗚咽(おえつ)に変わって、スタジオの外へお母さんと一緒に落ち着きに行ったのに、収録中のセットに嗚咽が聞こえてくるという(笑)。でも、それは子供の特権ですよね。収録後の反省会のときには、ケロッとしてましたけど。

千葉:クイズに負けて悔しくて泣くって、『99人の壁』ではほぼほぼなかったんです。ガチバトルではあるんですけど、みんな自分の好きな知識を話せて良かったって満足して帰るんですけど、今回はある種チーム戦なので「負けたくない」っていうプライドが子供にも東大生にもあって、ぶつかってる感じがありましたね。だから嗚咽が出てきたんだと思います(笑)

――あの泣く姿を見ると、やっぱり賞金じゃないんだなと思います。

佐藤:そうですよね。特に子供は、好きなジャンルを無理してとか一生懸命勉強してっていう感じじゃないんですよ。楽しいからどんどんどんどん知識が増えていくんだよね。これはやっぱり強いんですけど、そこに立ちはだかる東大の壁(笑)

――それにしても子供にしてみたら、なかなか酷な企画ですよね(笑)

千葉:一見、今の流行である「東大生が出てるクイズ番組」って思われるのがしゃくだと思って、“逆”にしてみたんです。

佐藤:最初にこれを聞いたときは、率直な感想として「大丈夫か? 苦情来ないか?」って思いましたから。東大生が全部ブロックして子供が全然答えられず、小学生8人全員が泣くっていう地獄絵図になったらどうなるんだろうと思ったら、子供も強いんですよ。

千葉:結果として、東大生が子供たちに食らいつくシーンもいっぱいありましたからね。

○■毎回がチャレンジの気持ち

――いろいろお話を伺わせていただき、ありがとうございました。最後に、今後の展望をお願いします。

佐藤:私は今後の展望、何も考えておりません。スタジオに来て、楽屋にあった衣装を着せられ、そしてどんどん雑になっていく千葉との打ち合わせをし…。極端な話、「このクイズは理解しなくてもいいです」とか言われて、「じゃあ何の打ち合わせだ!」ってなってもいいんじゃないかな。

千葉:1対99というシステムは守りつつ、アイデアをひねればわりとまだいろんなことができるなと思ったので、それはストイックに考え続けて挑戦できたらなと思いますね。1つに固まらず、毎回がチャレンジの気持ちで。

佐藤:そして僕は安住せずに、オタオタしながら楽しむという感じですね。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ