恋は諦めも大切! 女子達が片思いを断ち切ったタイミング5選!




どれだけ強い気持ちで相手を好きになったとしても、必ず両思いになれるというわけではありません。
とはいえ、好きな人への思いを断ち切ることはとても難しいものです。一体どのタイミングで片思いを諦めればいいのかわからず悩んでいる……。という女子も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、「恋は諦めも大切! 女子達が片思いを断ち切ったタイミング」をご紹介したいと思います。

片思いを断ち切ったタイミング

1. 別れたのに付き合ってもらえなかった

「『彼女がいるから』という理由でフラれ続けていたのですが、その彼女と別れたとき、私ではない女性と付き合ったのを知ってすっぱりと諦めた」(20代/人事)

▽ 彼女と別れてようやくチャンスが回ってきたと思っていたときに、自分ではない他の女性と付き合ったらショックですよね。しかし、諦めるには充分な理由かもしれません。

2. 電話番号が変わっていたとき

合コンで知り合ってアプローチしていた男性がいたのですが、突然電話番号が変わって繋がらなくなった。明らかに私を警戒していることがわかって手を引きました」(30代/翻訳)

▽ 電話番号を変えた連絡をしてもらえないということは、「今後、親しくするつもりはありません」という合図。切ないですが、すっぱりと諦めるにはいい機会だと思いましょう!

3. 既読スルーが多くなったとき

LINEをすると必ず返事をくれていたのに、次第に既読スルーが多くなってきて……。もう無理なんだろうな。と思って諦めました」(20代/学生)

▽ 既読スルーされるのは寂しいことですが、「いつか返事がくるかもしれない……」という淡い期待を抱き続けるよりも、早めに次の恋を始めるほうがあなたのためになるはず。

4. 迷惑だと知ったとき



「何度告白しても断られ続けていたのですが、どうしても諦められずにいました。ですが、彼が友達に『何度も告白されるの、迷惑なんだよな……』と言っていたのを聞いてしまい、諦めざるをえなかった」(20代/SE)

▽ 純粋に好きでい続けているだけなのに、それが相手にとって迷惑なことだと知ったときは傷つきますよね。しかし、相手のことを思って身を引くことも大切です。

5. 誕生日でもスルー

「『今日誕生日なんだ』とアピールしても、『おめでとう』の一言しかもらえなかったとき、これは無理だと悟って潔く諦めた」(30代/税理士)

▽ 誕生日やクリスマスは恋人達にとっての一大イベント。それをスルーされてしまったのでは、もう片思いを断ち切るしかありません。

まとめ

いかがでしたか? 純粋に一人の人を思い続けることはとても素敵なことですが、恋愛は相手がいてこそのものです。
もし、「諦めたほうがいいかもしれない……」と思う出来事があったのであれば、早めに思いを断ち切ったほうが、あなたのためになるはず。
諦めるのはつらいことですが、次の恋に向かって歩き出すことは、あなたが幸せになるための第一歩です。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ