中村里帆「ターニングポイントは初表紙を飾ったこと」

ananweb

2019/11/8 19:30

今、注目の女の子を紹介する『anan』で連載中の「イットガール」。今回はモデル、女優の中村里帆さんです。
■ 初表紙の夢を叶えたことが人生のターニングポイントに!

14歳の時にティーン誌でモデルデビュー、今年で6年目。最近、専属モデルを務める『Ray』で初表紙を飾ったことがターニングポイントに。「今までで一番反響が大きくて、気が引き締まりました。さらに表情やポージングの練習をして、この洋服を着せたいと思われるような“自分の色”を身につけたいです」。女優業にも意欲的。「約2年、演技レッスンに通っています。今後はもっとお芝居にも挑戦したいですね」。実は意外な一面も。「白米&お漬物やあん肝が好きで、ずっと食べちゃいます!」

■ 海外のイケメンたちが眼福すぎて……!

写真は映画で知ったティモシー・シャラメ。色白で、華奢な人がタイプ!

■ 久しぶりに食べたらドはまりしました!

卵かけごはん、毎日食べています。今度、卵の専門店に行ってみたいな!

■ クローゼットの7割がワンピースです!

季節問わず着ちゃいます。柄物やフリルがついたガーリーなデザインが好み。

なかむら・りほ 1999年生まれ。14歳でモデルデビューし、現在は雑誌『Ray』で専属モデルを務める。11月20~24日、演劇集団Z‐Lion第11回公演『裏からGood Schoolへ』に出演。

※『anan』2019年11月13日号より。写真・土佐麻理子 文・松下侑衣花

(by anan編集部)

当記事はananwebの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ