夫との留守番後に「愛犬の尿の色」が変化 焦る女性が気付いた原因は…

しらべぇ

2019/11/8 19:40

(Bigandt_Photography/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
人間と違って、体調不良を言葉できない犬や猫。それゆえ、もし尿の色がいつもと異なっていたら、飼い主は大いに慌てることだろう。

恋愛マスターとして人気を集めるタレント・くじら(44)の妻で、ブロガーの佐々木かいさん(30)のブログ記事が注目を集めている。

■愛犬の尿の色が違う…


現在夫のくじらと、愛犬ののりたまと暮らしているかいさん。この日の前夜、久しぶりに友人と飲みに行った関係で、くじらに留守番してもらっていたという。

そして翌朝、ケージの中のトイレでのりたまにおしっこさせていたところ、その色が普段と異なっていることに気づく。

「何か病気? どうしよう、病院連れていかなきゃ」と焦ったかいさんだったが、ひとまずトイレシートを変えようと持ち上げたところ、シートが一切尿を吸い取っていないことが判明。結果、「タラタラタラ~」とカーペットに大量に溢れ落ちたという。


関連記事:「お散歩」に反応する愛犬に他の単語を話していると… 夫の反応に爆笑

■原因はトイレシート


この光景を見て、かいさんはトイレシートが表裏逆に敷いてあったこと、それが原因で尿がいつもと違う色に見えたことに気づく。

そして、その原因を作ったくじらに対し、「トイレシート裏表逆だったんだけど」「今朝シートが一滴ものりたまのオシッコを吸い取ってなくて、色がおかしく見えたからすごく心配になったんだよ」「カーペットにも大量にオシッコ溢れるしチーン。とりあえず、のりたまに謝って」とコメント。

くじらも反省し、のりたまに頭を下げることになったという。

■「面白い」「わかる」


のりたまに何もなくてなによりな今回の出来事。

コメント欄では「本当にかいさんは面白いですね~」とユーモラスな筆致で日常を綴るかいさんへの褒め言葉のほか、「私も逆をやらかしたことがあります笑 わかるわかる~」と、くじらの失敗に思わず共感してしまうユーザーも確認できた。

・合わせて読みたい→深夜0時に突然のインターホン 夫留守中に鳴らした人物の正体は…

(文/しらべぇ編集部・宝田洸太

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ