こだわりのキャストで実写化『地獄少女』、玉城ティナ・閻魔あい×三藁の新カット解禁

クランクイン!

2019/11/8 17:00

 女優の玉城ティナが主演を務める映画『地獄少女』より、玉城演じる“地獄の復讐執行人”閻魔あいと、閻魔あいに付き従う三体の使い魔・三藁が勢ぞろいした新場面写真が公開された。

本作は、テレビアニメとして2005年より放映されて以降、コミックをはじめ、テレビドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、遊技機など幅広く展開され、人気を博してきた同名作品を実写映画化したダークファンタジー。“怨んだ相手の名前を入力すると地獄送りにできる”という禁断のサイトをめぐる恐怖を描く。

メガホンをとったのは映画『貞子vs伽椰子』『不能犯』の白石晃士監督。キャストには、玉城のほか、森七菜、仁村紗和、SKE48の大場美奈などが出演する。

閻魔あいと三藁には「強烈な存在感が必要不可欠」と語る白石監督。キャスティングにも様々なこだわりをもって動いたということで、「怒れる車輪の妖怪:輪入道」は、最初からこの人しかいないと麿赤兒に依頼。存在感とオーラ、そして舞踏的な動きで想像以上の輪入道が誕生した。「悲しき遊女の妖怪:骨女」を演じるには、ただセクシーではなく、堂々とした存在感が必要なことから橋本マナミにオファーした。

そして「万能の<目>を持つ刀の化身:一目連」は、オーディションを勝ち抜き抜擢された若手俳優・楽駆が演じ、「パッと見、ゾクッとさせるような鋭さのあるビジュアルがほしかった。彼を見た時、ぴったりだった」と監督は語っている。

解禁された画像では、普段の妖怪の雰囲気とは変わり、閻魔あいは制服、三藁たちは人の姿をして人間の世界に溶け込んでいる1枚や、迫力ある三藁の輪入道、骨女、一目連の3ショット、さらに4人が赤く染まった部屋にたたずむ姿が写し出されている。

映画『地獄少女』は11月15日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ