メーガン妃、ヘンリー王子&アーチー君とまもなく故郷米国へ 友人ら不動産の下見も

現地時間10日にロンドンで開催される戦没者の追悼儀式への出席を最後に、6週間の休暇を予定しているヘンリー王子・メーガン妃夫妻。愛息アーチーくんの初渡米に注目が集まるなか、休暇中に「夫妻がカリフォルニア州で家を購入予定か?」と報じられている。

現地時間7日、ヘンリー王子メーガン妃がウェストミンスター寺院で行われた戦没者追悼記念式典に出席した。夫妻はこのあと9日と10日に開催される「リメンバランス・デー」関連の公務に出席したのち6週間の休暇に入る予定で、クリスマスの前に再び英国へ戻るという。

当初は6週間という長期休暇の半分は英国で、残りを妃の故郷米国で過ごす予定と言われていたが、米オンラインメディア『OBSERVER』は夫妻が6週間の大半を米国で過ごす予定と報じており、米国の感謝祭を妃の母ドリアさんの暮らすロサンゼルスで祝う予定だという。またかねてから米国で家の購入を検討中だと伝えられる夫妻のために、マリブやパサディナ近辺で夫妻の友人らがすでに物件の下見を進めている最中だそうだ。また米国滞在中はカリフォルニア州だけでなく、ニューヨークやカナダにまで足を延ばす予定だろうと報じている。

6日に生後6か月を迎えたばかりの夫妻の愛息アーチーくんは、8月にスペインとフランスを訪れたのち、9月には両親のアフリカ公務に同伴するなどロイヤルキッズきっての“ジェットセッター”ぶりを見せており、今回のカリフォルニア行きも初渡米と注目を集めている。

先月放送されたドキュメンタリー番組『Harry&Meghan: An African Journey』のなかで、妊娠中の女性はとりわけ傷つきやすいものであり、新生児を抱えた母親としても大変な時期を過ごすなかで、英メディアから容赦ないバッシングを受けたことは「とても辛かった」と胸中を告白したメーガン妃は、さらに

「私の状態を尋ねてくれる人はそう多くはない」

「メディアからの誹謗中傷に苦しめられてきた」

と心境を吐露、その姿が同情と反感を煽っていた。久しぶりに訪れるカリフォルニアでは、そんな執拗な英メディアとは距離を置き、親子水入らずの感謝祭を過ごせることを願いたいものである。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年11月7日付Instagram「The Duke and Duchess of Sussex joined hundreds of veterans and their families at the 91st Field of Remembrance at Westminster Abbey, to honour and remember those who lost their lives in service of their country.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ