Interview with Topaz Jones/トーパス・ジョーンズ来日インタビュー

NeoL

2019/11/8 17:00



70’sファンクをベースにした音作りとスピード感のあるフロウ、知性と個性を融合させたラップで注目を集めるTopaz Jones。音楽シーンのみならず、その佇まいでファッション界隈からもラブコールの絶えない彼が、SUMMER SONIC2019、Billboard Live TOKYOでの単独公演のため初来日を果たした。バックグラウンドから完成したばかりというニューアルバムについてまでを聞いた。(→ in English)

――東京に来るのは初めてですか?

Topaz Jones : そう。すごく来てみたかったから念願が叶って嬉しいです。高校生の時にカニエ・ウェストの大ファンで、彼の『Graduation』というアルバムで村上隆やたくさんの日本のアートワークが使われていたし、彼が東京からいかにインスパイアされたか語っていたのを鮮明に覚えています。その頃からずっと来てみたいと思っていたんです。

――そうなんですね。私たち日本のファンもあなたのパフォーマンスを観れるのを心待ちにしていました。バックグラウンドから訊いていきたいんですが、あなたはお父さんの影響でファンクを好きになったんですよね。多様性のある音楽だから、ラジオなんかも聴いていたのかなとも思ったんですが実際は?

Topaz Jones : 間違いなく父の影響は多大にありますね。人間は成長過程で聴いてきたものや関わった音楽にまず反応するものだと思うんですが、私の場合はそれがファンクだったんです。だからファンクやそれがベースになった音楽が流れると耳が自然と反応してしまうというか。ラジオはそんなに聴いてこなかったけど、OutKastやTyler,The Creatorみたいに独自の音楽性を持っていて、ポップスだらけのラジオの音を変えたり、そこの隙間に入り込んでいって自分たちの方に引き寄せたりすることができるようなアーティストにはいつもハマって聴いていました。

――A Side/B Sideというプロジェクトをやっているくらいだからアナログレコードも大好きなんですよね?

Topaz Jones : もちろん! 次のアルバムでは全部の曲を収録したレコードを作りたいと思っています。昨日は渋谷のJBSというジャズバーに行ったんですが、最高でした。DJの小林克也さんが私の父のレコードをかけてくれたんです。



――すごい! 音楽制作についての質問です。幼稚園生の頃から音楽を作り出したと他の記事で読んだんですが、それは本当?

Topaz Jones : レコーディングはしてないけど確かに曲は書いてましたね。幼稚園では書かずに、オフの時に作ってたんです。8歳頃からは曲のアイデアなんかを書き留めるようになって、それが全てのスタートになりました。

――お父さんはギタリストだけど、リズムにこだわったりベースを重視した方向に行ったのはなぜなんでしょう。

Topaz Jones : 小さい頃に父がクリスマスプレゼントとしてギターをくれたんですが、すっごく難しかったんですよ(笑)。しかも父は名ギタリストだから、私はちょっと萎縮してしまってギターはやらなかったんです(笑)

――(笑)。曲作りはNight Episodeというバンドと一緒にやっているんですよね?

Topaz Jones : そう、『Arcade』では全曲一緒にコラボしました。今でも一緒にやることはあるんだけど、最近のアルバムでは一緒に曲作りはしていなくて。

――そうなんですね。じゃあ生音を入れたいときは自分でやるんですか?

Topaz Jones : ニューアルバムでは2曲は自分でギターを弾きましたが、才能あるミュージシャンやプロデューサーを招いた方がいいと判断して、ツテを駆使して素晴らしいドラマーやベーシストなどとコラボしています。私はそのブレインみたいな感じですね。

――“Cotton Fields”はニュージャージーの自宅で録ったとてもパーソナルな曲ですが、この曲ができた背景を知りたいです。

Topaz Jones : 生まれ育った家を親が手放すことにして、母親が家にあったいろんなものを売りに出すために梱包していたんです。その最後に残ったのがピアノでした。その頃はちょうど練習用にヴォイスメモをたくさん録っていた時期でもあって。全部が売れてなくなってしまった家でヴォイスメモを聴き返していたら、そのうちの一つがすごく突出したものになると思ったんです。それが“Cotton Fields”です。『Arcade』も同じ頃のもの。いつもそのヴォイスメモに立ち返って考えるんです。

――2013年にリリースした“Coping Mechanism”はヴァンダリズムのような、社会問題を背景にした曲で、“Cotton Fields”はよりパーソナルな内容になっています。あなたの曲作りには両方の要素が混在しているんでしょうか。

Topaz Jones : “Coping Mechanism”を知っているのはヤバい(笑)。私は人間だからいろんなことを思ったり考えたりするけど、怒りっぽいタイプではないんです。“Cotton Fields”は私の基本的な性格に近いんじゃないかな。でもちょうど完成したばかりのニューアルバムでは、“Coping Mechanism”みたいに社会的な主張をしているような曲ももっと入ってますよ。そういうところも自分の一側面だけど、『Arcade』では全部のトピックをうまく関連づけれなかったので今やっているんです。でも単純に、自分が情熱を感じることをなんでもやっているだけなんですけどね。



――そのニューアルバム、めちゃくちゃ楽しみです。“Toothache”のMVはrubberbandが手がけていますね。ラフ・シモンズによるCalvin Kleinのキャンペーンムービーなどでも知られる気鋭ですが、このコラボはどのように実現したんですか。

Topaz Jones : MVの撮影は本当にストレスフル(笑)。すごくたくさんのことをやらなきゃいけないから大勢が関わるし。でもラッキーなことにrubberbandの二人は親友で、私のことややりたいこと、アーティストとしてどのように表現すべきかも全て完璧に理解してくれているんです。いつも大学時代につるんでいた彼らと一緒に仕事をして何か成し遂げられるというのは夢のようです。MVを撮るのは本当にストレスだけど、めちゃくちゃ楽しくもあって、また早く作りたいですね。

――新しいMVのプランはあるんですか?

Topaz Jones : もちろん!

――ところでまだSNSをやる気にはなりません?

Topaz Jones : やらなきゃいけないのはわかってるんですよ! (笑) いつかフランク・オーシャンくらいになれたらいいんですが……。大抵はいい人たちんだけど、中にはいやなコメントを残す輩がいて、それを見て1時間くらい悩んだりするのは馬鹿げてますよね。何の写真も載せてないようなアカウントなのに。そういうことがあるとやる気が失せるんですが、今はこのゲームをやる気ではいます(笑)。

――健闘を祈ります(笑)。MTVやラジオが主流だった以前に比べ、今はサブスクなどが音楽面の主要なツールになっています。現代の音楽のセールス方法についての意見を聞かせてください。

Topaz Jones : 父が音楽業界にいた頃に比べ、ミュージシャンが自分でコントロールできる環境になりましたよね。当時は誰もがひどい契約を結ばなくてはいけなくて、お金、コントロール、所有権を全く得ることができなかったんです。だからアーティストが管理できてパワーを持つことができるこのSNS時代を喜んでいます。でも残念ながら間違ったことを優先させている人が多いのも事実。インスタグラムがいいねの数を見れなくするようにするという記事を読んだんですが、そんなことは実現しなそうじゃないですか? というのも、ブランドになり得るような人物にはフォロフワーは金の成る木のようなものなんですから。ただ、いいねが多くついていることがその人の音楽がいいという証拠ではないと思っているから、自分はただ良い音楽を作るということを大切にして邁進するのみです。

――私も同意見です。さて、最後の質問です。あなたは非常に読書家ですが、最近なにか良い本があったら教えてください。

Topaz Jones : ガールフレンドの方がよほど読書家なんですが……そうですね、今は先日亡くなってしまったToni Morrisonという作家の本を読んでいます。彼女はお気に入りの作家の一人なので、ぜひ読んでみてください。



photography Riku Ikeyatext & edit Ryoko Kuwahara

Topaz Jonesスピード感あるフロウを70'sファンクの要素を盛り込んだトラップのビートに融合させるスタイルで話題を集める新世代ラッパー、トーパズ・ジョーンズが初登場。オーラやスレイブといったバンドに参加してきたカート・ジョーンズを父親に持ち、幼少期からファンクやソウル・ミュージックの洗礼を受けて育ってきた彼。さらにジミ・ヘンドリックスやAC/DCなどの影響も受け、ジャンルの枠にとどまらないサウンドを2014年のデビューより体現する。今年はファッション・ブランドのアイコンに起用されるなど、音楽以外の領域でも注目を集める新たな才能。サマーソニック2019で来日を果たし、Billboard Live TOKYOでも単独公演を敢行した。https://www.instagram.com/topazjones/


――Is it your first visit? How do you like Tokyo so far?

Topaz Jones : Yes. Amazing,I always wanted come here. When I was in high school,I was Kanye fan.And I remember when he put Graduation album,there were many references like artwork,it was Murakami artwork everything from Japan.And he talked about how it inspired him,just like going there and taking in Tokyo,and from that moment I really always wanted to come to Japan.It was part of my dream,this is like my dream come true right now.

――I'm really grad to hear that,and I'm a big fan of your music so very excited to see your performance today.I'm into your music style around your form,I kind investigated and predict that your father is a big influence on your funk style music,and also listening to radio music created your form.

Topaz Jones : Definitely my dad is my biggest influence,probably.You know,people have reaction to music,it's based on what they were brought up listening to or the first interactive with.And for me,growing up with so much funk music,it made my ears naturally get excited when I hear thing that base on that sounds.And as far as radio goes,I definitely listened to a lot of radio growing up,I don't listen to as much radio now,but I have always been obsessed with people who are able to change the sound of radio,or to make radio come to them,you know like OutKast , Tyler,The Creator, people who make the music that shouldn't necessary be like Britney Spears but they are able to find a way to sneak in there.

――As far as you doing that A Side/B Side project,so definitely you into that LP records,right?

Topaz Jones : Oh yeah. We wanted to do a record with all of songs on so we'll definitely put out the vinyl with the next album. And last night we went to JBS,we had a great time.He put the dad's albums, actually.



――Is it true that you started making music from kinder garden, and you made soul music at that age?

Topaz Jones : So I wasn't recording music,but I was writing it.And in kinder garden I didn't anything wrote down but I made songs in my off time,and around eight I started to write songs down,like little song ideas stuff,so everything came from that.

――Despite your father is guitarist, what made you more get fun into rhythm perspective or base style that what you do right now?

Topaz Jones : So my dad gave me a guitar when I was kid for christmas,and it was really hard, haha! And you know, he's really good so I was kind of intimidated. So I was like,no!

――Hahaha. Do you write the music with the band called Late Night Episode?

Topaz Jones : Yeah,they were the main people I collaborate with for all of the songs of ARCADE,we still make music time to time but they didn't join in the current album.

――When you want to record live sounds,do you play on your own or do you invite other musician?

Topaz Jones : There is a couple of songs in new album,I played guitar,but especially this album I thought it's better I let other people in so I've been working with very talented musicians and producers as well who are like,really good drum player from texas and the amazing base player,I've been reaching out all of my most talented friends.I'm more like brain behind.

――When I listened to “Cotton Fields”, kind felt that is personal track from your home New Jersey. What made that approach?

Topaz Jones : It wasn't anything I specifically set up to do,but my mam was selling thing and around the time we were getting to ready sell packing thing up,one of the last thing to leave was the piano.So in the time period I was doing a lot of voice memo trying doing practice.Once everything sold everything gone,I went back and looked over those voice memo,that one ended up really becoming stuck out of me.That also ARCADE is from same around period too.I always came back to that.

――The track “Coping Mechanism” back in 2013, that is kind of about vandarism and social theme behind it, and recent “Cotton Fields” is more personal, I see the two elements behind of your track making form. What makes you certain emotional range?

Topaz Jones : That's kind of who I am as a person,I have a lot of thinking,my brain have a lot of ways,and I'm not person who get angry very often.I think Cotton Fields is closer to my base line.But especially even with the album finishing now,there is more stuff that goes back to Coping Mechanism kind of like, social commentary element.And that was side of me that I felt like,on ARCADE,I didn't really get to address all of the topics,so now I'm doing that now. But I'm just, whatever I feel passion about.



――Music video behind of “Toothache”,directed by rubberband,how was that process?

Topaz Jones : In general,I find music videos to be stressful,haha.Because you try to get everything done,there is a lot of people.But I was really lucky that the two guys,rubberband they're also my best friends they understand me really well and what I wanna do and how I represent myself as an artist.So it's always dream working with them we're just like a bunch of kids who kind went to college together and now able to make something like that.It's stressful but also most fun thing,I can't wait to do it again.

――Any plans of filming new music video for new project?

Topaz Jones : Absolutely.

――Are you still not a social network guy?

Topaz Jones : Hahaha. Well.I have to be.You can't really not be.But I look forward to the day when I able to go Frank Ocean.I think those guys left really nasty comment to me.People just leave me alone generally but today somebody this morning says sideway to me.And it bothered me for like an hour! And I was like, why I letting this person who doesn't even have any pictures on instagram bother me? you know, it's so silly.So when stuff like that happen,I'm like give me away from this.But now,I play the game.

――I see. So back then it was probably MTV and radio,right now we face to the era social network being the key element of spread out music,how do you feel about this modern way of way to sell music?

Topaz Jones : On the one hand,the artists have so much more control now than when my dad was working in music industry.Back then it was like everybody had to take really terrible deals and they didn't get as much money,control,ownerships as well.And now,I'm very greatful with social media era has also come control and power to be artist.But I also think a lot of people kind of prioritized on wrong things,I read about article about how instagram removing the number of likes,and I actually think that it's kind of doubt with that.Because even though I'm the person who maybe could be brand and show them like,hey this many followers give me money.I also think that if nobody,if you didn't know how many people likes getting,that maybe you'd only be able to judge artists based on how much who likes the music.And I doubt with that because I'm the person who prioritized just making good music.

――So this is the last question.I believe that you really like to read books so very interested what you reading right now.

Topaz Jones : Not as much as my girlfriend do,though.Right now I'm reading Beloved,by Toni Morrison who just passed away actually.She's one of my favorite writer,it's unfortunately that took that for me to do it but I just need to start reading that book.

――Does your girlfriend advice you on artwork?

Topaz Jones : Yeah,on everything! What I'm wearing.



Topaz Joneshttps://www.instagram.com/topazjones/

photography Riku Ikeyatext & edit Ryoko Kuwahara

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ