男性が「きゅんとくる涙」と「めんどくさい涙」の違いとは

ハウコレ

2019/11/10 16:00



女性の涙は、ときに武器になったり、凶器になったり…。男性にとっての嬉しい涙と、そうでない涙はどんなものでしょうか?

■「ケンカのたびに泣く」は面倒くさい!
男性は現実的で、論理的に分析して解決しようとする人が多いのです。それに対して女性は感情的な生き物。ショックを受けたり、うまくいかないと、「解決しよう」という冷静な判断ができず、悲しみに押しつぶされてしまうことも多いでしょう。そうすると自然と女性は泣いてしまいます。解決したい男性からすると「なんで泣くの?」「めんどくさい」と思われてしまいそう。常に感情を抑えて話すのは難しいですか、毎回のけんかで“泣く”という行為を見せてしまうと男性はうんざり。できるだけ冷静に解決策を見つけるような話し合いを心がけましょう。

■「かまってちゃんの涙」は面倒くさい!
本当に悲しくて泣いているのであれば、男性も親身に話を聞こうと思ってくれるはず。でも、彼に「自分の気持ちをわかってほしい!」という女性のわがままで流す涙は男性にはバレバレ。そう何度も“泣き落とし”は通用しないようです。感情で訴えかけようとしても「泣いてるだけじゃわからないし…」「話し合いにならなくて面倒…」と、男性には不評のようです。「私はこんなにつらいの…」とアピールするよりも、思っていることや理解を得たい内容をひとつずつ彼に伝えるように努力しましょう。女性の複雑な感情を男性にすべて察してもらうのは、非常に困難なことです。冷静になって、彼と向き合って話をしてみてくださいね。

■「嬉し泣き」にはきゅんとする!
ネガティブな涙ではなく感動や喜びの涙は、見ているこちらも、じーんとしてしまいますよね。もちろん演技で泣けということではないのですが、嬉しいときは我慢せず気持ちをオープンに表現していきましょう。彼からのサプライズプレゼントやメッセージに感動し涙するあなたを見れば、彼も「やってよかった」と感じるはずです。

■「やきもち涙」にはきゅんとする!
嫉妬をすると怒ったり、不機嫌になったりする女性が多いかもしれません。ヤキモチを焼いてしまう自分が恥ずかしくて、つい意地を張ってしまうこともありますよね。でも実は、そんなときは素直に彼に甘えたほうが好印象の場合もあるのです。

「さみしかったよ~」「嫉妬しちゃったから今日はいっぱいかまってね?」

など、“素直な涙”は男性をきゅんとさせる効果があります。もちろん、毎日のこととなれば彼もウンザリしてしまいますが、たまには「素直な感情が溢れてしまう」というのがポイント。本音で甘えられるのは、男性にとって嬉しいことなのです。

■おわりに
涙は使い方やタイミングによって、彼の心を引きつけるポイントになります。ただし、一歩間違えると“めんどくさい女”に…。感情に負けず、自立した女性を目指して上手に使いましょう。(あやか/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ