トータス松本、バナナマンに楽曲提供宣言!きっかけは森山直太朗へのライバル心!?

※画像は、トータス松本さん公式Instagram より

 

11月5日放送の『バナナマンのドライブスリー』(テレビ朝日系)にミュージシャンのトータス松本がゲスト出演。バナナマンの設楽統と日村勇紀のフォークデュオ「赤えんぴつ」に楽曲を提供したいと申し出る一幕が見られた。

 

森山直太朗にライバル心むき出しのトータス松本

 

松本は「いつも僕が絶大な信頼を置いている、ギターのことを何でも専門的に修理したり作ったりするやつがおるの。それがバナナマンの大ファンなのね」という。続けて「その彼がある時にライブ見終わったあとに、『赤えんぴつ』(の)」とバナナマンライブ恒例のフォークデュオを見た感想があったと明かすと、お笑いライブの中でギター演奏を披露している2人は、松本が信頼を寄せている人物に何と言われるのかと緊張した様子。ここで松本が「ネタ大好きなんやけどギターが鳴ってない」とツッコんでいたと明かすと、2人は松本と共に大爆笑。

 

松本は「やっぱりメンテナンスとかできてないし、日村さんの弾くギターがもっといい音が出たらいいのになって、いっつも僕思うんですっつって」と話していたと続け、そして「うわぁこれおもろいなと思って。俺、そこまでの目線で見てなかったと思って。で、1回そいつに見てもらおうと思って」とバナナマンのギターをメンテナンスする企画を思いついたという。

 

実際にその人物に会ってギターをメンテナンスをしてもらうと、新品同様に変化していく様に感動するバナナマン。そしてトークの合間に設楽が「直太朗君なんか『赤えんぴつに歌ってもらいたい』っつってタダでくれたんですよ1曲」と明かすと、松本は「マジで!?」と驚きを隠せず「俺も書くわ!」と森山直太朗にライバル心むき出し。

 

松本は「それ悔しいわ!直太朗くん書いたん?」とマジ顔で尋ねると、「直太朗君『こいのぼり』っていう歌をくれたの」と設楽。これに松本は「じゃあ俺も書くわ!悔しい!曲は全部作るよ俺!」と豪語していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ