本田望結&サム・ハーヴィーが登場!クリスマスツリー点灯式で『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2019』をPR

SPICE

2019/11/8 15:23



大人から子どもまで楽しめるクリスマスショー『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2019』が今年も12月14日(土)から東急シアターオーブで開催される。日本初演は2016年で、今年で4年目。“劇場で楽しむクリスマス”として、新たな渋谷の冬の風物詩となりつつあるショーだ。日本初演時から応援サポーターとして本作を盛り上げ、アメリカのカンパニーとともにステージを創ってきた女優でフィギュアスケート選手の本田望結が、今年もゲスト出演する。

11月7日(木)、本田望結とシンガーのサム・ハーヴィー(Sam Harvey)が東急百貨店本店前のクリスマスツリー点灯式イベントに参加し、本作のPRをした。
本田望結
本田望結

東急本店前に出現した、クリスマスツリーは、ウォーム&ホワイト・クリスマスをテーマにした全長約12メートルのツリー。渋谷に生まれ育ったアーティストHana4(はなよ)がデザインしたもので、シャンパンゴールドのイルミネーションをベースにしている。

この日、本田望結は白いワンピース、サムは赤いスーツ姿で登場。カウントダウンをして、点灯のスイッチを押した。
クリスマスツリーの点灯スイッチを入れる、本田望結とサム・ハーヴィー(左から)
クリスマスツリーの点灯スイッチを入れる、本田望結とサム・ハーヴィー(左から)

続いて、サムがクリスマスソングの定番『Let It Snow』を披露。そばで聞いていた本田は「すごく格好良くて圧倒されました。劇場にいるような気分。会場に一体感が生まれた気がして、感動しました」と褒め称えた。
サム・ハーヴィー(Sam Harvey)
サム・ハーヴィー(Sam Harvey)

−−一番心に残っているクリスマスはどんなクリスマスですか?

本田:この『クリスマス・ワンダーランド』の前までは、クリスマスはもちろん大好きなのですが、フィギュアスケートの練習で、そんなに特別なことはしていなかったんです。でも、この公演が始まってからクリスマスの気分が高まったなと思いますね。

サム:私にとって一番の思い出は、私の妻が地元であるスコッツグラフ(ネブラスカ州)というところで、自分の家族と妻と一緒にクリスマスイブに雪が降った中、遊んだ思い出が一番ですね。
本田望結とサム・ハーヴィー(左から)
本田望結とサム・ハーヴィー(左から)

−−日本のクリスマスと海外のクリスマスの違いは感じますか?

サム:アメリカですと、もっと全体的にお祝いムードという感じがするかなとは思いますが、もう4年、日本に来ていますので、今はまるでホームのように感じます。

−−4年連続の出演ですが、どんな気分ですか?

サム:自分にとって新しいクリスマスのしきたりとなっていまして、毎年本当に日本に来ることを楽しみにしています。クリスマスのハッピーな気持ちを日本という大好きな国に広めることは幸せなことだと思います。
本田望結
本田望結
サム・ハーヴィー(Sam Harvey)
サム・ハーヴィー(Sam Harvey)

−−最後に一言お願いします!

本田:『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』は本当に最高に楽しいクリスマスショーになっています。ぜひ来ていただきたいですし、なかなかクリスマスショーを日本では馴染みがないかもしれませんが、また新しいクリスマスを体験できると思います。サムさんをはじめ素敵なシンガーの皆さん、ダンサーの皆さん、そして私も、皆さんのことを待っているので、ぜひ足を運んでくれたら嬉しいです。

サム:今までご来場いただいた方も、今まで来たことがない方もぜひこのショーを見に来ていただきたいなと思っております。絶対に笑顔をお届けすることができますし、心に残る歌をお届けすることができると思っております。私が保証します。「(日本語で)みんな来てね!」
本田望結
本田望結

なお、『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』の特別番組『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド 劇場で楽しむ夢満載のハッピークリスマス!』が2019年11月16日(土)16:55~テレビ東京にて放送が決定した。こちらも合わせてチェックしてみてほしい。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ