男子がへこむ「俺ばっかり、彼女のこと好きじゃん…」を感じる瞬間

ハウコレ

2019/11/9 10:00



「好き」の気持ちを持つことはもちろん超重要だけど、それと同時に、これを適度にアウトプットしていってあげることも欠かせません。テレパシー人間じゃないんですから、伝えてはじめて、相手にとってそれは「存在」するようになるわけですからね。そこで今回は、20代男子30人に「うわー、俺の方が気持ちが少ないかも」とガッカリしちゃう瞬間について聞いてみました。

■1.嫉妬してるの自分だけ
「なんか、彼女が他の男子からモテてると、自分ばっかり嫉妬しちゃうんだよね。彼女は『自分の恋人がモテる方が、嬉しいじゃん!』とか平気で言ってるのに。自分にはそこまでの余裕はないわ」(ウェブ系/25歳)

この男子は、「嫉妬する方が好き」と思ってるんでしょうねでも、心から信頼して相手のことを想っているのなら、こういう場面でも嫉妬しない気持ちもあるってことに気づいてほしいですね。とはいえ、本当に一切、嫉妬の素振りすら見せないままだと、子供な彼氏の場合、あえて嫉妬させるような言動に出て、それがケンカの原因とかにもなっちゃうかも。なかなか聞かないけど、「ヤキモチ妬いてるふり」みたいなのも場合によっては必要なのでしょうか。

■2.LINEのテンションに差が……
「自分はやっぱり、彼女とLINEできるの嬉しいんで、いつもテンション高いんですけど彼女はいっつも落ち着いてて、たまに今までのLINEとかをバーって見返すと、ふたりのテンションの差に、ちょっと凹むときがある」(公務員/26歳)

別に、好きな人とLINEするときにテンションが高くないといけないなんて決まりはありませんから、こんなの悪くはありませんけどね。でも、文字って怖いですよね。「ありがとね。」とかシンプルだと、なんか冷たいって感じる人もいれば、普通じゃんって思う人もいて、受け取り方が人それぞれだから。彼氏がこういうのを気にするタイプなら、「私はもともとそういう人」というのを改めて確認しておくことが大切かも。

■3.俺だけ時間通り
「彼女がいっつもデートに遅刻してきて、切なくなる。自分だけ楽しみにしてるんじゃないかって」(営業/24歳)

これは、ダメですね……。遅刻はダメです。もちろんたまにならしょうがないけど、いつもだと、「本当に楽しみにしてるの?」と思われても文句は言えません。それでもどうしても遅刻しちゃうなら、ちゃんと埋め合わせはすること。毎回遅刻してるのに悪びれもしないと、「私遅刻しちゃうけど、全然気にもしてないよ」っていう最悪の開き直りに見えちゃいますので。

■4.将来の話を彼女が茶化す
「彼女が将来の話を、真面目に考えてくれない。すぐに『まだ先だからさー』って笑ってごまかす」(大学生/22歳)

彼女さんのおっしゃるとおり「まだまだ先」の話ですが、だからって、「自分には関係ない話」じゃありませんね。別に、そんな真に受けなくても、「考えるだけ」と割り切って、気軽に乗ってあげたらどうでしょうか。

■おわりに
「自分は彼氏のこと、超好きだ」と、強い自信がある人こそ、その気持ちを相手に伝えることをおろそかにしがちです。でも、そのあなたの気持ちも、彼氏が欠かさずにしてくれる愛情表現の上に成り立っているものなはず。どうですか? 彼氏が「好き」とか一切言ってくれなくなっても、同じく自信満々でいられると思いますか?お互いに気持ちを伝え合うからこそ、相手を思えるわけです。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)(藤田富/モデル)(泉三郎/カメラマン)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ