宮田俊哉が救世主!?舞祭組が集結し激辛デスソースに挑む

dwango.jp news

2019/11/8 12:28


Kis-My-Ft2初の冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。この番組はキスマイメンバーが、あらゆる企画に挑戦する、笑いあり、涙あり、感動ありのバラエティ番組。本日配信された第40話は「キスマイ監き~ん」、「美男子ポーズまで3秒前」の二本立て。



「キスマイ監き~ん」は、極限状態に陥った人間がどのような能力を発揮するかをキスマイメンバーが体当たりで検証する企画。今回挑戦するメンバーは、二階堂高嗣、千賀健永、横尾渉。

3人はアイマスクをつけたまま、謎の部屋に連れて来られる。アイマスクを外すと、部屋に食器が置かれているのを見て、「今日食事するのかな?」「怖い」と恐る恐る様子を伺うと、横尾が棚の上に手紙が置かれているのを発見するその手紙には「テーブルの上のデスソースをすべて使いきったら部屋から出してあげる」と指令が記されていた。さらに手紙によると、ソースを使い切るためには好きな料理を注文することができ、瓶に記された目盛りまでソースを使い切ると、お助けカードを引くことができるという。

二階堂が試しにデスソースを一口ペロリと舐めると「うわ!!!いててててて!」と悶絶。続けて辛いのが苦手だという千賀も味見を試みるも、あまりの辛さに吐き出してしまう。

「本当にやばいぞ…」と不安を抱えつつ実験はスタート。さっそく料理を注文した3人は、料理が到着するまでの間、あっちむいてホイをしてデスソースを減らすことに。ルールをいまいち理解していなかった横尾が負け、罰ゲームとしてデスソースを食べることに。一見普通の様子でソースを舐めた横尾だが「ゔ~」と苦しそう。

そうしているうちに、最初に注文した料理が到着。3人が注文したのは、甘口のバターチキンカレー。「めちゃめちゃうまそう!」と感動している3人だが、注文した千賀のミスにより1つのルーに対し、ナンは3つとアンバランスな量になってしまい、ボヤきながらも挑戦スタート。二階堂と横尾が奮闘するも、なかなか減らないデスソース。その横で千賀はソースをナンに垂らすも、最終的には食べるのをやめ、次に注文する料理を選びだす。

その様子を見かねた二階堂が千賀にツッコミを入れると、千賀は「このままいきたい!垂らしてもらえない?」と自らの口に直接ソースを垂らして飲み込む作戦を提案。千賀の言うまま二階堂はソースを千賀の口の中に直接流し込むと、ソースを落とした位置が悪かったようで、千賀は悶絶の表情。

指定の目盛りまでソースを減らすことができお助けカードを引くことに。そのカードに書かれていたのは「辛さを忘れさせてくれる日本一の男」の文字が。果たして「辛さを忘れさせてくれる日本一の男」とは一体…?

またマネージャーから宮田が今日オフという話を聞いた3人は、撮影のことを伏せ宮田を呼び出すことに。果たして宮田は、3人の救世主となるべく来てくれるのだろうか…!?

続いての企画は「美男子ポーズまで3秒前」。この企画は子どもたちから指名されたキスマイメンバーが、出題されたお題に沿って“美男子ポーズ”を取り、そのポーズを“美男子”か、“ブ男”かを子供たちがジャッジする企画。

今回指名されたのは北山宏光と千賀健永で、出されたポーズのお題は「大逆転」。これまでの挑戦で北山は、監督役の女の子のお気に入りなのか、すべて美男子認定をされているが、果たして今回も北山は美男子と認定されるのだろうか!?

<番組概要>

■タイトル:「キスマイどきどきーん!」

■第40話配信日時:11月8日(金) 正午

■出演:Kis-My-Ft2

(C)エイベックス通信放送/ジャニーズ事務所

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ