今夜の『時効警察はじめました』主演女優・中島美嘉、映画撮影中に監督殺し?

クランクイン!

2019/11/8 10:30

 俳優のオダギリジョーが主演を務めるドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)第4話が本日11月8日放送される。第4話では、歌手で女優の中島美嘉がゾンビ映画の主演女優に扮し、“幽霊”とともに最有力被疑者に浮上する。

『時効警察』シリーズの12年ぶりの復活となる本作は、総武警察署に勤務する霧山修一朗(オダギリ)が、交通課の三日月しずか(麻生久美子)を助手として、時効になった事件を趣味で捜査する脱力コメディー。オダギリ、麻生のほか、今シリーズより吉岡里帆が新人刑事役で出演する。

長回し1カットで撮影した異色のゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』が、25年ぶりに同じキャスト&スタッフでリメイクされることになる。じつは元祖『ロマ止め』は、撮影中に監督・唐沢浩一郎(津田寛治)が殺される事件が発生し、十文字(豊原功補)らの捜査もむなしく時効を迎えたという、いわくつきの映画だった。

この事件を“趣味”で調べることにした霧山(オダギリ)は、助手の三日月(麻生)と共に、まずは映画のマスターテープを鑑賞。映画は、棺を開けた主演女優・折原千香子(中島)の驚がくの表情で終了するのだが、なんとマスターテープにはその直後、棺の中から唐沢の刺殺体が発見され、混乱する現場の様子も記録されていた。

撮影前夜に千香子が唐沢に向かって「殺してやる!」と叫ぶ姿も目撃されていたため、疑惑の目は千香子に向けられた。しかし、唐沢は映画の冒頭に出演しており、殺されたのはカメラが回り続けていた70分の間ということになるが、千香子が映画のフレームから消えたのは3分間のみだった。

霧山はゾンビエキストラのオーディションを経て、オリジナル版とまったく同じ場所で行われるリメイク版の撮影に参加。やはり千香子が一番怪しいと考え、検証を試みる霧山だが、やがて出演者の1人が大真面目な顔で「犯人は幽霊です」と言い出して…。

金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』第4話はテレビ朝日系にて本日11月8日23時15分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ