ニッポン放送新人女子アナ、生放送の失敗談&カレンダー撮影の裏話


●『ナイナイのANN』リスナーだった学生時代
ニッポン放送のアナウンサーが勢ぞろいする「ニッポン放送女性アナウンサーカレンダー2020」の申し込みがこのほど、開始された。撮影では、今年入社した新人アナウンサーの前島花音アナ、熊谷実帆アナも初参加した。

そんな前島アナと熊谷アナにカレンダー撮影の裏側をはじめ、ニッポン放送入社からこれまでについてなどを聞いた。
○■オードリーの『ANN』で「泣いてしまいました」

――お2人はニッポン放送に入社される前から、ラジオを聴かれてきたかと思います。これまでどんな番組を聴いてきましたか。

前島:クリスマスにラジカセを買ってもらって、宝物でした。群馬県はニッポン放送の電波が入りにくかったのですが、ギリギリまでアンテナを伸ばして電波の入りやすい場所を探して、『オールナイトニッポン』を聴いたりしていました。特にナイナイさんの『オールナイトニッポン』をよく聴いていました。

熊谷:私も大好きでした。「歌謡祭」(「岡村隆史のオールナイトニッポン歌謡祭」)に行かせていただいて、すごくうれしかったです。その他だと、中村こずえさんの『みんなでニッポン日曜日!』というニッポン放送制作の番組をよく聴いていましたし、ハガキも送っていました。父とどっちが多く読まれるか競っていましたが、私の方が読まれる率が高かったです(笑)。秋田県出身で、車移動の生活だったんですが、その車の中でよくラジオを聴いてましたね。

前島:個人的に印象的だった放送だと、オードリーさんの『オールナイトニッポン』でマエケン(前田健)さんが亡くなった後の回は泣いてしまいましたね。若林さんが涙をこらえながらしゃべっているのを、春日さんが「そうだね」と聞いている様子に、胸を打たれました。そんな中、若林さんも「マエケンさんがこんなこと言ってたんだよ」と面白く話そうとされてるのに、深い愛を感じました。
○■2人の関係は「良好中の良好です!」

――ニッポン放送のアナウンサーになって、半年以上が経ちましたが、ここまでを振り返ってみていかがでしょうか。

前島:先輩たちの背中がとても大きくて頼もしくて、でもすごく遠くて、というのを感じています。ひとつひとつのアドバイスがものすごく深く、背中を押してくれる言葉で、助けられています。そして、熊谷も本当にたくさん支えてくて、同期がいてくれなかったら全然違うと思います。

――お2人の関係は良好なんですね。どうしても同期で2人というと、バチバチの関係かと思っていました(笑)。

熊谷:それ、すごく言われるんですけど、良好中の良好です! 何かあると、すぐ「バチバチしてる」とか言われるんですけど、仲良いです(笑)。

――そうなんですね。熊谷さんはここまでのアナウンサー生活を振り返ってみていかがですか。

熊谷:私もアナウンス室のみなさんに支えられているとすごく感じます。特に印象に残っている言葉は2つあって、まず、上柳(昌彦)さんの「聴いてくれている人におみやげを渡すんだよ」という言葉です。「ただ自分の話をしても、せっかく耳を傾けてくれている時間を無駄にしてしまう。なにかひとつでも聴いててよかったと思ってもらえることを言えたらいいよね」と言われてから、すごくそれを大事にしています。もう1つは、ひろた(みゆ紀)さんの「滑舌やイントネーションを間違えないことももちろん大事だけど、それよりも伝わらないことを恐れた方がいい」という言葉です。そういった言葉の数々を大事にしています。

●生放送での失敗談「ガッカリして戻りました」

――アナウンサーとしての失敗談はありますか。

前島:スカイツリーの展望台で中継したときですね。高所恐怖症で「(東京ディズニーシーの)タワー・オブ・テラーに乗せられて、腰を抜かしちゃったこともある」と言ったら、先輩の石井さん(石井玄ディレクター)から「じゃあ、スカイツリーで中継しようか」と言われまして(笑)。最初は外を見ないでリポートしていて、窓のギリギリで外の方を向いてしゃべるという流れだったんですが、怖すぎて「高いです」「街が見えます」「雲が見えます」を2分間くらいずっと繰り返すだけのリポートになってしまいました(笑)。

熊谷:先日スマホで、「肉フェス」の中継取材をしたんですけど、食べることに夢中になり、スマホを自分から離してしまって…(笑)。「おいしい」など食レポをしていたんですが、スタジオに音が届かなくて、垣花(正)さんから「聴こえないよ~」と。「やっちゃった」と思って、スタジオにガッカリして戻りました。
○■カレンダー撮影は「七五三以来です」

――「ニッポン放送女性アナウンサーカレンダー2020」の撮影を行ったそうですが、そのときのエピソードをお聞かせください。

前島:真夏の撮影ですごく暑かったです。なおかつ躍動感を出そうということで、ニッポン放送の前を何往復も走ったので、結構汗もかきました。でも、そのカットは結局使われていないんです(笑)。これだけ撮っていただいたのは七五三以来です。その時はピキーンと固まって「笑って~」とあやしてもらいましたね…今回も同じくカメラマンさんから「笑ってください」と言われました(笑)。カメラマンさんが緊張をほぐすために褒めてくださったんですが、「本当にこれでいいんでしょうか」という感じでした。

熊谷:撮影で着た衣装は、いくつかの候補の中から、自分で選ばせていただきました。何着も試着して、お互いに「どう思う?」「こっちの方がいいんじゃない?」とか相談し合いましたね。撮影ではやっぱり恥ずかしさもありましたが、温かく見守ってくださっているリスナーの方々に感謝の気持ちが届くように撮影したのでぜひご覧いただけるとうれしいです。私がひとりで担当した4月も飛ばさないでほしいです(笑)。

前島:至らないこともたくさんあると思うのですが、リスナーさんは本当に温かく見守ってくれています。だからこそ、感謝の気持ちとともに、「頑張って成長していきたい」という決意表明の気持ちも込めて撮影しましたので、ぜひ見ていただきたいです。

――それでは最後に、今後アナウンサーとしてどんなことをやっていきたいか、お聞かせください。

前島:ラジオの良さは、近くでしゃべってるような感じだと思います。聞いている方に隣にいるように感じてもらえるような、身近なアナウンサーになりたいです。また、スポーツに携わる仕事をしたいです。スポーツ科学部ということもあり、スポーツが大好きで、スポーツ選手として活躍している学部の同級生もいますので、アナウンサーとしてインタビューすることで、その姿を届けられたらいいなと思っています。

熊谷:家族でラジオを聴いていたこともあり、どんな世代のリスナーにとっても、分かりやすく親しみをもってもらえるアナウンサーになりたいです。『ミュージック・パーティー』という曲紹介のミニ番組を現在担当しているんですが、それがすごく楽しくて。私自身、吹奏楽をずっとやっていて音楽一筋の人間なので、音楽番組のアシスタントは憧れです。あとは、災害などが起きたときに現地に行ってレポートすることも多いんですが、メールなどの反響などから、自分が行って見た情報はすごくリスナーの方々に役立つんだなと感じます。現地にすぐ駆けつけてレポートできるアナウンサーも目指したいなと考えています。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ