“プロポーズのため”だけじゃない!? ラブレター代筆屋が語る“ラブレターの定義”

TOKYO FM+

2019/11/8 11:30

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」。11月3日(日・祝)放送の「ポスト会議」のコーナーでは、ラブレター代筆屋の小林慎太郎さんを迎え、お届けしました。


(左から)宇賀なつみ、小林慎太郎さん、小山薫堂

「ポスト会議」は、全国に約24,000局ある郵便局と連携しながら新しいムーブメントを作っていく企画コーナーです。

現在、会社員として働きながら、副業として依頼者から引き受けた“ラブレター代筆”を平日の夜や週末などにおこなっている小林さん。そもそも、ラブレター代筆屋を始めるきっかけとなった出来事は学生時代にまで遡ります。

「私自身、学生時代から好きな人に想いを伝えるときは、いつもラブレターを書いて渡していたんです。それがけっこううまくいっていて、そのことを友人に話したら『じゃあ、俺のも書いてよ』と頼まれて書いたら、それもうまくいったんです」。

その後、社会人になり「“働きながら、何か好きなこともやりたいな”と考えたときに、そのことを思い出して“おもしろそうだし、やってみよう!”と思ったのがきっかけ」と振り返ります。

この仕事に興味津々の小山は、ラブレター代筆の値段が気になる様子。小林さんによると、1通5,000円で「文の長さは関係なく、修正も何回でもお受けする形です。この仕事を始めて5年くらいですけど、今まで110通くらい書いています」と話します。


興味津々の小山薫堂

小山が「成功確率は?」と質問すると「男性から女性に送る場合と、女性から男性に送る場合で、確率が違うんです。男性から女性に送る場合の成功確率は大体20%くらい。女性から男性に送る場合だと50%くらいですね」と打ち明けます。

ラブレターの内容は、依頼者から詳細をヒアリングしたうえで書いていくそうで、小林さんの仕事はあくまで下書きまで。意中の相手に送る手紙そのものは、依頼者が直筆で書くそう。

小林さんにとって、ラブレターの定義とは「告白とかプロポーズだけではない」とキッパリ。「例えば、ご両親に感謝の気持ちを伝えたいとか、別れたお相手とよりを戻したいとか。たまに依頼があるのは、付き合っている人と円満に別れるための手紙というのもあります。『好き』とか『愛している』だけじゃなくて、『ありがとう』や『さようなら』とか、気持ちを伝えるものは私のなかでは全部ラブレターなんです」と語ります。


話に耳を傾ける宇賀なつみ

数多くの依頼のなかで一番印象に残っているのは、「“好きな誰か”に送るのではなく、依頼者自身にラブレターを書いてほしいというもの。そうした依頼者の多くは、複雑な生い立ちの方で。物心がついたときにはご両親がいなくて、『愛している』とか“必要とされている言葉”をもらったことがないと。だから、ラブレターを通してそういう言葉をかけてほしいという依頼がある」と言います。

さらには「『好き』とか『愛している』という言葉が、ただ単に“付き合う”“結婚をする”ということだけではなくて、誰かの心を満たしたり、幸せにしたりすることにも繋がっているんだな、と知ることができて記憶にすごく残っている」とも。

そんな言葉に、小山は「そういう意味では、自分の想いを伝えるだけじゃなくて、心を満たしたり、悩みを吐き出したり、いろいろな効果があるんですね」と感じ入った様子。

小林さんは、「いろいろなコミュニケーションツールが発達していますけど、手紙は“特別な価値ある手段”じゃないかなと思っています」と強調。また、手紙を書くときの極意について、「“伝える手紙”ではなくて“伝わる手紙”ですね。押し付けではなくて、相手が受け止めやすいような形、内容、温度感で伝えるのが究極だと思っています」と話していました。

次回11月10日(日)放送の「ポスト会議」コーナーも、どうぞお楽しみに!


----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年11月11日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:日本郵便 SUNDAY’S POST
放送日時:毎週日曜 15:00~15:50
パーソナリティ:小山薫堂、宇賀なつみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/post/

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ