Apple「iOS 13.2.2」公開、マルチタスクの動作に影響していた問題を修正


米Appleは11月7日 (現地時間)、iOS 13のアップデート「iOS 13.2.2」とiPadOS 13のアップデート「iPadOS 13.2.2」をリリースした。バックグランドのアプリが強制終了される場合がある問題への対応など、バグ修正と改善を行うアップデートだ。

10月末にリリースされたiOS 13.2およびiPadOS 13.2によって数多くのバグが修正された一方で、アップデートしたユーザーからバックグラウンドのアプリが強制終了するようになったという報告が相次いでいた。例えば、YouTubeで視聴していた動画を一時停止してメールなどに切り替えて作業した後、YouTubeに戻るとアプリがリロードされて一時停止した場所が失われる。強制終了以外にも、頻繁な再読み込みといった症状が見られることからメモリー管理の不具合である可能性が指摘されていた。当初はiOS 13.3で修正するように開発が進められていたが、マルチタスクが重要な機能を担うiPadでユーザー体験に及ぼす影響が大きく、マイナーアップデートで素早く対応した模様だ。

他のiOSとiPadOS共通の問題修正は以下の通り:

Exchangeアカウント間でS/MIME暗号化メールメッセージへの返信内容が読めなくなる問題を修正。
SafariでKerberosシングルサインオンサービスを使用すると認証要求が表示される場合がある問題を修正。
YubiKeyのLightning給電アクセサリで充電が中断される場合がある問題を解決。

iOS 13.2.2は、iPhoneで通話後などにモバイル通信が一時的に利用できなくなる場合がある問題の修正を含む。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ