飯島直子「夫の不貞」報道で露呈した“男運ナシ”と尽くし過ぎの“ダメ体質”

アサ芸プラス

2019/11/8 09:59


 10月29日発売の「週刊女性」で、夫の“不貞現場”が報じられた、女優・飯島直子。

飯島は1997年にTUBEの前田亘輝と結婚し、2001年に離婚。12年に飯島より1つ年上で不動産会社を営む現在の夫と再婚している。

今回の記事によると、飯島の夫はガールズバーに勤務する舞台女優と1年くらい前から親密な関係に。飯島も、そのガールズバーの存在を知っており、酔いつぶれた夫を店まで迎えに行ったこともあるという。同誌では、夫が舞台女優と恋人つなぎをしている写真や、路上で頬にキスをされている写真が掲載されていたが、一方では、こんな声も聞こえてくる。

「写真の撮られ方や、記事中の証言の内容をみると、舞台女優側からのリークという見方もできます。この記事が出るまで飯島は夫の浮気を知らなかったはずで、わざわざ載せたのは舞台女優から飯島への“挑戦状”みたいなものですよ」(夕刊紙記者)

飯島といえば、昔から男運が悪いと言われ、今の夫でやっと落ち着いたと思われたが、やっぱりダメだったという格好だ。

「すごく尽くすタイプなので、男が遊んでいたとしても絶対に大丈夫だと勘違いしてしまうようです。今回は離婚したがっている夫が記事に協力したのか、それとも舞台女優に利用されたのか詳細は分かりませんが、飯島が夫を責めるということはしないでしょうね」(前出・夕刊紙記者)

ネットでは《舞台女優にくれてやれ》といった飯島を擁護する声も多かったが、果たしてどうするのだろうか。

(鈴木十朗)

当記事はアサ芸プラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ