佐野史郎『ガキ使年末SP』ロケで骨折も放送希望「心より願っております」


日本テレビは7日、今月6日に行われた同局系バラエティ特番『ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)』(12月31日放送予定)のロケ中に、俳優の佐野史郎がケガをしたと発表した。

佐野は、液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で空中に数センチ浮く、という企画に挑戦した後、腰に痛みを訴えたため、ただちに病院で診察。その結果、第三腰椎骨折と診断された。手術は必要なく、およそ2週間の安静の間に様子を見ながらリハビリテーションを開始、全治まで約2カ月を要する見込みだという。

佐野の今後の仕事に関しては、医師の指導に従って回復の具合を見ながら、徐々に復帰していく予定。

同局では「佐野さんをはじめ、関係者の皆様にお詫び申し上げます。ロケに際しては、専門家の指導の下、事前にリハーサルを重ねるなど、安全に配慮しておりましたが、出演者がけがをした事実を重く受け止め、今後はより一層、番組制作において安全対策に万全を期してまいります」としている。

佐野は「番組スタッフ、キャストのみなさんはじめ、関係者各位のみなさまには大変ご迷惑をおかけいたしました。安静にということで、入院中ではございますが、当面のお仕事に対しましては順次対応させていただきたいと存じます。なお、番組放送に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております。人間万事塞翁が馬。今回のことを糧に、より精進して参りたいと存じます。今後ともよろしくお願いいたします」とコメントした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ