スマホの使用でかかる体への影響:下を向くほど負荷は大きくなる


スマホやタブレットは、人間の体勢を変形させました。しかも、悪い方に。

脊椎の外科医によると、うつむいてそうしたデバイスを見ると、首には約27kgの負荷がかかるそうです。

「The Atlantic」では、デバイスを持って立った状態でメッセージを読みながら、8歳児を頭の上に乗せているのと同じような状態だと指摘しています。
頭の前傾の角度とそれによってかかる負荷の図
Image: SURGICAL TECHNOLOGY via The Atlantic

「New York Spine Surgery & Rehabilitation Medicine」の脊椎外科医主任のKenneth K. Hansraj博士は、上の図のモデルを作成しました。

ご推察の通り、頭を前傾させて首や脊椎にこれだけの負荷をかけるのは、健康によくありません。

1人あたり1日平均2~4時間はこの体勢で過ごしています

外科技術国際ジャーナル」に掲載されていたHansraj博士の論文によると、いい姿勢というのは耳が肩の上にあり、肩甲骨を後ろに引いた状態です。この姿勢によって、体のストレスが低下し、コルチゾールが減少します

いっぽう、悪い姿勢では脊椎にストレスがかかり、すぐに摩耗したり、傷ついたりしてしまって、手術することになるかもしれません。

正しい姿勢でスマホを使うには?


これを解消するにはいくつかの方法があります。

まず、スマホを顔の目線の高さに持って、頭を前傾させないようにします。

タブレットで入力したり、タップしたりする時は、30度の角度に置きます(この角度だと手首も保護できます)。

何かを読むだけであれば、垂直に立てて、頭が前傾しないように首を後ろに引きましょう

あわせて読みたい

Image: SURGICAL TECHNOLOGY via The Atlantic, RossHelen/Shutterstock.com

Source: CBS Minnesota

Reference: The Atlantic

Melanie Pinola - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ