寺島しのぶ&ジャニーズWEST小瀧望、金田一ドラマ『悪魔の手毬唄』親子役で初共演

クランクイン!

2019/11/7 05:30

 NEWSの加藤シゲアキが主演し、金田一耕助を演じるスペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、再び~』(フジテレビ系/12月21日21時15分)に、女優の寺島しのぶとジャニーズWESTの小瀧望が出演することが決まった。寺島と小瀧は親子を演じ、今回が初共演となる。

作家・横溝正史による「金田一耕助」シリーズは、日本探偵小説史における金字塔を打ち建てたほか、日本映像史においても絶大な人気を誇る不朽の名作。主人公・金田一は、俳優の石坂浩二や渥美清、古谷一行など、そうそうたる俳優たちが演じてきた名キャラクターだ。

本作では、昨年のクリスマスイブのスペシャルドラマ『犬神家の一族』で“平成最後の金田一耕助”として迫真の演技を見せた加藤が再び金田一を務め、そのほか、俳優の生瀬勝久が、昨年に引き続き警察署署長・橘重蔵を演じる。

発表された追加キャストの寺島と小瀧は、物語の舞台、鬼首村(おにこうべむら)にある温泉旅館・亀の湯の女主人・青池リカ役と、リカの息子で美しき容姿の青年、青池歌名雄(かなお)役をそれぞれ演じる。2人は悲しい過去を背負いながらも固い絆で結ばれる親子役として、今作で初共演を果たす。

自身も子どもを持つ母親である寺島が演じるリカは、母としての強さと女性としての妖艶さを兼ね備える魅力的な人物。寺島は「さまざまな愛憎がリカの中で渦巻いており、なぜそうなったのか、さまざまな部分を自分なりに読み込んで演じたいと思っております」とコメント。

一方の小瀧は、「クリスマスの時期に戦慄のドラマが放送されるわけですが…。悲しくて残酷な物語ですけど、愛の物語でもあると思います。“こんな話もあるんだな”と思いながら幸せなクリスマスを過ごしてほしいですね(笑)」と語っている。

スペシャルドラマ『悪魔の手毬唄~金田一耕助、再び~』はフジテレビ系にて12月21日21時15分より放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ