『シティーハンター』フランス実写版の槇村、海坊主、冴子らの姿が明らかに 場面写真を解禁

SPICE

2019/11/6 18:30


11月29日(金)に公開される映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』から、登場キャラクターの姿をとらえた場面写真が公開された。

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は、1985年に『週刊少年ジャンプ』で連載をスタートした北条司氏の漫画『シティーハンター』のフランス版実写映画化作品。原作の映像化としては、1987年にテレビアニメの放送がスタートし、シリーズ全140話、スペシャル作品3作、劇場版3作が製作された。また、1999年のTVスペシャルから20年ぶりとなるアニメ映画『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』が2019年2月8日に公開され、興収15億超えのヒットを記録。アニメ『シティーハンター』は、フランスでエンタメ番組『クラブ・ドロテ』(1987-97)中で『NICKY LARSON(ニッキー・ラーソン)』のタイトルで放送。同番組を見て『シティーハンター』のファンとなったフィリップ・ラショーが『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』で監督&主演を務めている。


公開された場面写真は、原作の元傭兵・海坊主にあたるマンモス、カオリの兄・槇村秀幸にあたるトニー、野上冴子にあたるソフィーらの姿を収めたもの。また、フィリップ・ラショー演じるリョウ(ニッキー・ラーソン)がスナイパーライフルを構えるカットも解禁されている。
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS

監督・主演のラショーはリアルさを追求し、ビジュアルも細部にわたってこだわり抜いたという。場面写真では、現在廃盤となっているミニクーパーやポケットのないリョウのジャケットなど、特注で用意した数々のアイテムが映り込んでいる。また、ラショーはリョウを演じるために8ヶ月間の食事ダイエットとトレーニングを行い、筋肉を8キロ増量したことも明かしている。
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS
(C)AXEL FILMS PRODUCTION - BAF PROD - M6 FILMS

日本で公開される『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は、「デラックス吹替版」として、リョウを山寺宏一、カオリを沢城みゆき、マンモス(海坊主)を玄田哲章、トニー(槇村)を田中秀幸、ソフィー(冴子)を一龍斎春水らが吹き替え、アニメ版オリジナルキャストの神谷明と伊倉一恵が特別ゲストとして参加している。

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』は11月29日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ