『同期のサクラ』新田真剣佑演じる葵の頬に貼られた「たいへんよくできました」シールの意味とは?

テレビドガッチ

2019/11/6 15:00

高畑充希が主演を務めるドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第5話が、11月6日に放送される。第5話では「大変よくできました」シールが、ドラマの鍵を握るアイテムとして登場する。

『過保護のカホコ』の制作チームが集結し、脚本・遊川和彦×主演・高畑が再びタッグを組んで送るオリジナルドラマ。“故郷と本土を結ぶ橋を架けること”を夢見て、大手ゼネコン・花村建設に入社した忖度できない主人公・サクラと同期たちの10年間を、1年=1話で描いていく。また、サクラの同期役として橋本愛、新田真剣佑、竜星涼、岡山天音が出演する。

第5話の舞台は、サクラたちが入社5年後の2013年。都市開発部の若きエースとして活躍する葵(新田)は、自身が担当するベイサイドエリアの開発プロジェクトが、国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生する。上司からは、お前にできることは「国交省の父親に頼むことだ!」と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱く。花村建設の社長を目指していた葵は、家庭では落ちこぼれ扱いされ、上司からは蔑まれ、同期からも突き放されてしまう。

「大変よくできました」シールはサクラの先輩であるすみれ(相武紗季)が、全く勉強をしない娘のやる気を出させる為に使用しているもの。たまたま会社にこのシールを持ってきたすみれが、いつものように遅刻してきたサクラの頬に貼り「あなたにもあげるから、もう言うことを聞いて、問題起こさないでくれる?」と告げる。

トラブルが発生し、劣等感と疎外感を覚え完全に精気を失った葵に対して、サクラが取る行動とは? 葵の頬に貼られた、この「たいへんよくできました」の桜の形をしたシールの意味とは!?

<第5話あらすじ>
人事部で5年目を迎えたサクラ(高畑)は、社内表彰を受けた葵(新田)を祝おうと同期を集めるが、担当プロジェクトが国から急遽凍結され問題を抱える葵は、上から目線の言動で同期と溝を深めてしまう。会社では高級官僚の父親のコネばかりあてにされ、家では落ちこぼれ扱いされてきた葵は、実は強烈なコンプレックスを抱いている。葵に手を差し伸べたサクラは、葵から「俺と付き合わない?」と迫られて……!?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ