松井玲奈、20年後の早川さん役に抜擢「面長の顔立ちが似ているかも」『磯野家の人々』

テレビドガッチ

2019/11/5 10:30

松井玲奈が、11月24日(日)20時から放送される天海祐希主演のスペシャルドラマ『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』(フジテレビ系)に出演し、20年後の“早川さん”を演じることがわかった。

本作は、アニメ『サザエさん』の放送50周年を記念し、磯野家の20年後を描くスペシャルドラマ。サザエ役の天海のほか、マスオ役の西島秀俊、カツオ役の濱田岳、ワカメ役の松岡茉優、タラオ役の成田凌、フネ役の市毛良枝、波平役の伊武雅刀の出演が決定している。さらに、マスオの同僚である穴子を小手伸也、サザエとマスオの娘でタラオの妹のヒトデを桜田ひより、波平の甥であるノリスケを八嶋智人、妻のタイコを堀内敬子、その子供のイクラを稲葉友が演じる。

アニメでは、カツオが通うかもめ第三小学校のクラスメートとして登場する早川さん。目立つタイプではなく地味でおとなしい女の子だが、何より優しい心の持ち主で、視聴者からは「早川さんは絶対いい女性になる」といった声が寄せられることも。ドラマでは、花沢花子(森矢カンナ)やかおり(黒川智花)とも相変わらず仲良しで、たまにカツオの営む洋食店に集まっては親交を深めている。

早川さんは、カツオや花子、かおりよりもひと足早く結婚し、現在は専業主婦に。花子やかおりがお酒を飲んで盛り上がる中、ソフトドリンクを飲みながら2人の悩みに耳を傾け、遅くなる前に夫に夕飯を作るべく、しとやかに帰って行くのだった。

今回、早川さん役に指名された松井は、「“20年後?”と驚きが大きかったですが、面長の顔立ちはどこか似ているところがあるのかなとも思いました」とその理由を分析。森矢や黒川と共に、小学校時代の仲良し3人組として臨んだ撮影については、「かおりちゃんに翻弄されながらの撮影でした。3人の意外な一面が見られるシーンができ上がっているのでは、と思います」と手応えを語った。最後は、本作への期待感をにじませ、「20年後の磯野家周辺がどうなっているのか。私自身も想像しきれていないので、とても楽しみです」とメッセージを伝えた。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ