“こだわり強すぎ男”と結婚すると不幸?『まだ結婚できない男』の教訓

女子SPA!

2019/11/5 08:46

 俳優の阿部寛(55)主演のドラマ『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時~)の第四話が放送されました。作品では、高慢で皮肉屋の主人公・桑野信介(阿部寛)の独身生活がコミカルに、そしてリアルに描かれています。

◆気ままな独身ライフに母親が乗り込んでくる

29日に放送された第4話では、桑野の母親である桑野育代(草笛光子)の自宅が水漏れをしてしまい、桑野の家に転がり込んでくるところから話が始まりました。人と同じペースで暮らすことができない桑野は、育代との突然の同居にイライラしっぱなしです。桑野はリモコンや雑誌を置く場所まで、完璧に位置を指定をしているため、育代が少しでもその位置を変えることに我慢ができない様子です。

桑野が「あえて結婚しない」最大の理由はここにあると考えられます。こだわり抜いた家具に、機能的に整理された室内。桑野のあくなきこだわりを追求した部屋を誰かに乱されるのは我慢ができないのでしょう。いくら身内であっても、今更誰かと同居するというのは無理なのではないでしょうか。

◆草笛光子の年齢を知って仰天

余談ですが、『まだ結婚できない男』のオフィシャルサイトでは、「チェインストーリー」といって、本編とは別のミニドラマを視聴することができます。更に、役者さんたちのインタビューも掲載されており、充実した作りになっているのですが、草笛光子さんのインタビュー記事を読んでびっくり。

なんと草笛さんは御歳86歳。凛とした立ち振る舞いと美しい姿勢はいくつになっても健在です。作品の中でも、重厚感のあるジュエリーと衣装を完璧に着こなし、筋のとおったお母さん役を見事に演じられていました。

◆結婚に対する考えが変わっていないのは桑野だけだった

前作から、桑野に対して「結婚しろ」と言い続けてきた育代ですが、50歳を過ぎた桑野の独身生活を目の当たりにして心境も変化したようです。育代は桑野のために食事を作るのですが、桑野は「ありがとう」と言うどころか、冷蔵庫の中の食材を勝手に使った育代に対して激怒します。こだわりが強すぎ、思いやりにかける桑野を前に育代は「結婚しないほうがいい。世の中に不幸な女性を増やすだけ」と言うのでした。

結婚できない男も人生の折り返し地点を過ぎ、周囲の考えも13年前とは変わってきたようです。むしろ「あえて結婚しない」と意見を曲げないのは桑野だけで、育代は「桑野に結婚生活は無理」と気付いたようです。

不幸な女性が増えるだけ、と育代は言いましたが、それは桑野にも当てはまります。育代との同居生活でここまでピリつく桑野にやはり同居は難しく、結婚をすることで、桑野もまた不幸になるのかもしれません。

◆やっぱりハラハラする急展開

前話もそうだったのですが、今回もやはり急展開が多くて話についていくのに必死でした。

桑野は高級マンションに住んでいるはずなのに、なぜ隣の部屋の戸波早紀(深川麻衣)の何気ない会話が聞こえてしまうのか。ベランダでの会話に関しては、ほぼ筒抜けで、それこそ同居をしているかのようです。また、早紀とバッタリ遭遇する確率が高く、またしてもミラクルが多発します。

最後には早紀の部屋で育代や吉山まどか(吉田羊)らが全員集合して、育代の誕生日を祝う展開が繰り広げられ、「なぜ?」がたくさん頭に浮かんでしまいました。早紀がいくらお人好しとはいえ、隣人の母親のみならずその身内や友人を簡単に家にあげてお誕生日をお祝いするものなのでしょうか。

とはいえ、やはり桑野を演じる阿部の演技は最高に面白いので、今後の放送も楽しみです。

第5話では、ブログで桑野を批判し続けていた「やっくんのブログ」のやっくんの正体が判明するかのような予告が流れました。やっくんのブログは本編の肝になるので、注目していきたいと思います。

<文/瀧戸詠未>

【瀧戸詠未】

ライター/編集者。趣味は食べ歩き・飲み歩き。

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ