嵐、SNS解禁にファン歓喜 発表事項多数で「情報過多」がトレンド入り

しらべぇ

2019/11/3 15:00




2020年12月31日をもって活動休止する国民的アイドルグループ「」が、3日にSNS解禁を発表。ファンからは喜びの声が続出している。

■5つのSNSが一斉解禁


デビュー20周年記念日を迎えた同日、午前11時からSNSを一斉解禁したことを発表した嵐。Twitter、Facebook、Instagram、Weibo、TikTokの公式アカウントが一斉に開設された。

「Twitterはじめました~みんなと今まで以上に身近に、より早くつながれるように! 僕らについてきてね!」と綴られたツイートは、瞬く間に拡散され、14時現在で13万件以上のリツイート。アカウントのフォロワーは、すでに70万人を超えている。




関連記事:長濱ねる、SNS開設で「意味深」投稿 「思わせぶり」「匂わせ」の声も

■「スピード感をSNSで表現」


先月9日には、YouTubeに公式チャンネルを開設した嵐。しらべぇでも既報だが、デビュー曲「A・RA・SHI」など5曲の音源配信をスタートしていた。

活動休止を控えつつも、SNSを解禁するなど、積極的にファンとの繋がりを作っていく嵐。3日に都内で行われた記者会見では、メンバーより「リアルタイムでしか味わうことのできないスピード感をSNSで表現していきたい」と、開設の意図などが述べられたという。

■「幸福の極み」とファン歓喜


ツイートのコメント欄には、「おめでとうございます!」「歴史的な日ですね」とデビュー20周年を祝う声や、「SNS解禁なんて幸福の極み…」「これから逐一ウォッチします!」と歓喜の声が。

なかには、嵐のSNS解禁がよほど信じられなかったのか、「え、本物のアカウントだったんだ! 偽物かと思ってシカトしてた…」と驚きのコメントまで見られた。

■SNS解禁だけでなく…


また、発表はSNS一斉解禁のみにとどまらず、デジタルシングル『Turning Up』の配信や、2020年5月に行われる新国立競技場での単独コンサート、2020年春の北京でのコンサート…と盛りだくさん。

あまりの発表事項の多さに、ツイッターには「情報過多」というワードまでトレンド入りする事態となった。今後の嵐の活動から目が離せない。

・合わせて読みたい→成宮寛貴さん、復帰報道を否定 「現在の活動」に注目集まる

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ