マツコ、20年恋愛ご無沙汰で性癖が迷子? 「女でもイケる気がする」

しらべぇ




2日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)ではegg読者モデルOG会と中継。マツコ・デラックスが、かつてギャル文化や恋愛論を語る。

■egg読モは突き抜けてた


かつてのギャル文化を牽引していたガングロギャルモデルの20年後の姿を見て興奮するマツコ。ギャル文化は面白かったので、好きだったという。

ガングロギャルだったが、今は美白美人となったモデルたちを見て、マツコは「顔を焼いてなかったのでは」と推測するが、「全身を焼いてから顔焼きをしていた」とまさかの回答。

「ほんとにー、よく復活できたねー。なんだろうもう、一生分のメラニンがもう出たのかな」


驚きながら冗談で笑いを誘う。モデルたちが「当時は全くモテなかった」と振り返ると、マツコがそれに同意しながら、その良さを語る展開へ。

「だからeggは素晴らしかったんですよ。そういうのを捨ててね。やりたいように生きるって人が載ってたんですよ」


今の渋谷はつまらなくなったと、しみじみと語る。


関連記事:マツコが「激ハマり中のテレビ番組」について熱弁 「最近アレばっかり見てる」

■男性モデルはヤリまくり?


メンズエッグの人気モデルだった憲宇やピロユキが、その名前を明かせば、思わずテンションを上げて絶叫するマツコ。

「メンズエッグはヤることしか考えてないチャラいのばっかりだったからね。(憲宇に対して)お前すごかったろ、お前すごかったろぉ!」


もはや喧嘩腰で当時の女性経験を聞く流れへ。これに対して憲宇は爽やかに笑いながら「まあ、そうですね。こっちもそうですけど」と、ピロユキを巻き込みながら認める。そんなに乾く暇ナシだったのか。

■元メンズエッグ男性モデルの今


男性モデルたちは今は何をしているのか。ピロユキはネットでブランド古着ショップを経営しており、憲宇はファッションブランド経営をしていたが今はサラリーマンだという。

「転けるのよ、みんなブランドを立ち上げて転けるの。でも、ちゃんと生きてるのね。なんだかんだ」


今の恋愛事情に話が変わる。憲宇は結婚して子供二人を育てるパパだが、ピロユキは10年彼女がいないという。

「10年も彼氏や彼女が居ないのは、自分にも問題があるわよね。なんだろうな、バチが当たったとか。いろいろあるのよ、やっぱり」

■ご無沙汰過ぎると恋愛がわからない説


ピロユキから恋愛相談をされるマツコ。自身の恋愛を振り返って、

「私ももう20年近く付き合ってないから、何がタイプかわからないし、どうやって付き合ったらいいかわかんないし。最近、もしかしたら女イケんじゃねえのか、とか。


だって、ヤッてないからさ、男とも。わかんないのよね、自分の性癖も。本当に、こんなにヤレてないってことは、アタシ、女欲してんじゃないのか、とかさ」


ピロユキもこれには「自分も男イケんじゃないかって思えてきてます」と答えた。意外とあるあるなのだろうか。

■視聴者は共感


マツコの「長年恋愛ご無沙汰をすると恋愛がわからなくなる説」に視聴者から「もはや私も何がタイプかわからない」「恋愛の仕方を忘れたのわかりみが強すぎる」といった共感の声があがる。

そんなものなのだろうか。一度でも恋愛にどっぷりハマった経験がある人ほど、こういう思考になっていくのかも。

・合わせて読みたい→『アウトデラックス』結婚して性格が激変したモデル 「別人…」

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ