「ANIMAX MUSIX 2019 KOBE」DAY2レポート!ここでしか観られない貴重なコラボレーションが満載

SPICE


神戸初上陸となったアニメミュージックの祭典「ANIMAX MUSIX」、二日目となるこの日もまた、初日の熱狂をそのまま保ったまま大きな盛り上がりを見せた。そんなDay2のトップバッターを飾ったのは、現在人気絶頂を迎えるバンド・Roseliaだ。アグレッシブにスタートを切った「FIRE BIRD」は、ゴリゴリとしたギターリフを中心としたバンドアンサンブルがまず素晴らしい。それがまた背後のアニメーション映像とのシンクロしているという、視覚的にも実にエキサイティングなパフォーマンスとなった。

MCでは関西初上陸ということもあり、まさかの関西弁でのMCを慣行。ちょっとほっこりした空気の中、気を取り直して「私たちの物語を始めましょう」と告げて、今井リサ(CAST:中島由貴)のベースリフから始まる「R」へ。湊 友希那(CV. 相羽あいな)の歌声を先導に、観客も「Shout Out!」とシンガロングする。そして最後は湊の「ANIMAX KOBE、いいわね?」の声とともに「Black Shout」へ。ギターの氷川 紗夜(CAST:工藤晴香)も今井も前に出て、まさにオープニングふさわしい熱気あふれるステージとなった。


続いては「ANIMAX MUSIX」恒例のカバーコーナーへ。前日がタオル曲をテーマにセレクトされた前日に対して、この日のテーマはロボットアニメの主題歌を集めた「ロボットアニメSELECTION」。まずはRoseliaがMYTH&ROIDがタッグを組んで、TVアニメ『蒼穹のファフナー』よりangelaの名曲「Shangri-La」をカバー。RoseliaにTom-H@ckのギターが加わり、さらに分厚くなったサウンドで聴かせる。相葉とKIHOWの歌唱も素晴らしく、また原曲とは異なる魅力が打ち出されていた。

続いてのカバーはTVアニメ『交響詩篇エウレカセブン』より、NIRGILIS「sakura」を茅原実里と石原夏織がカバー。2コーラス目からトロッコに乗って、客席を通過しながら瑞々しい歌声を聴かせていた。そしてTVアニメ「コードギアス 反逆のルルーシュ」よりFLOW「COLORS」は、PENGUIN RESEARCHがカバー。ピアノソロや堀江晶太のよく動くベースラインなどフレッシュなアレンジも加わる一方で、生田鷹司の少年性を残したような歌唱はこの曲にピッタリだ。

続いてはそのままPENGUIN RESEARCH単独のステージへ。「WILD BLUE」ではTVアニメ『ゾイドワイルド』の映像をバックに爆発力のあるサウンドで攻めに攻める。観客の「Come on come on」のシンガロングもバッチリで、まさにのっけからワイルドなステージングとなった。直後のMCでは観客に向かって「楽しみにしてた者同士、決闘しようぜ!」と宣戦布告。次の曲はもちろん「決闘」だ。ヘヴィな導入からスタートしたファストチューンにステージ上も客席もさらにヒートアップ。観客の歓声に生田のハイトーンも返すという感性の応酬が展開される、まさに観客との決闘だ。最後には「PENGUIN RESEACHでした、お前ら最高だよ!」と叫び、熱いステージをあとにした。

お次の伊藤美来が登場し、彼女の口から「閃きハートビート」のメロディが歌われると、会場は一気に黄色のペンライトに染まる。サビに合わせてひらひらとした手の振りがまたキュートだ。10月に23歳の誕生日を迎えたという彼女が続いて披露したのは新曲「Plunderer」を披露。ストリングスの音色が印象的な爽やかな楽曲で、キュートななかに彼女の力強さも感じさせる。そしてそのまま「Shocking Blue」へと繋ぎ、ステージ上の照明も客席も一気にブルーに染まる。ジャジーなサウンドを情熱的に歌うときの大人っぽい表情もまたかっこいい、彼女のさまざまな魅力に溢れたステージとなった。

続く飯田里穂のステージでは、ストリングスのイントロも印象的な「いつか世界が変わるまで」からスタート。優しくもパワフルな歌唱がまた素晴らしく、あらたなステージで歌心に磨きがかかった印象だ。MCでは観客と一緒に「初MAX MUSIX!」とANIMAX MUSIX初参戦を叫んだあとは80sっぽいテイストがクールな「青い炎シンドローム」へ。オシャレなサウンドに心地良く乗りながらのパフォーマンスがまた堂に入っていて、改めてソロアーティストとしてさらなる進化していると感じさせるステージとなった。

お次はDay 1に続いて、DJ和によるDJプレイのコーナー。この日はDay 2のテーマであるロボットアニメのセットを披露。「キングゲイナーオーバー」では、観客とサビのモンキーダンスを踊り、「健全ロボ ダイミダラー」ではサビをシンガロングし、最後はT.M.Revolution×水樹奈々「Preserved Rose」でタイトなセットを締めくくった。

続いては昨年ソロアーティストとしてキャリアをスタートさせた声優・石原夏織のステージへ。「TEMPEST」では4人のダンサーを従えて、情熱的なダンスと歌唱を聴かせる。続く「Face to Face」ではポップなサウンドのなかにアクティブなダンスを見せた。ヘッドセットマイクという利点を使って、全身で楽曲を表現するという、ダンスに歌唱にと彼女のチャームが前面に出たステージとなった。初めて神戸を訪れたのはこの日が初ということで、初めての神戸でのライブを心から楽しんでいるようだった。


続いてはふたたびカバーコーナー。ファンからのリクエストに応える「FAN SELECTION」のコーナーに突入。まずは茅原実里が、自身も長門有希役で出演していたTVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」より「止マレ!」をセルフカバー。「STOP」と描かれたパーカーを着て、ソロでのSOS団楽曲をエネルギッシュにプレイした。続いてはMYTH&ROIDとPENGUIN RESEARCHによるTVアニメ『鋼の錬金術師』よりASIAN KUNG-FU GENERATION「リライト」をカバー。男女のデュエットとしてオリジナルとまた異なったシャープさが加わったあたりが興味深い。お次はトロッコに乗った飯田里穂と伊藤美来による、every♥ing!「カラフルストーリー」という、これまたキュートなふたりにピッタリな選曲だ。

マジシャンを思わせる衣装で登場した鈴木みのり、歌うのはもちろん、TVアニメ『手品先輩』のOPテーマ「ダメハダメ」だ。のっけから観客と一緒にシンガロングして息もピッタリ。途中に背後のスクリーンに風船のCGが登場したかと思えば、彼女合図でその巨大風船が客席に出現するという、驚きの手品(?)を披露もした。ANIMAXで放送されているアニメで好きな作品は『カブトボーグ』という彼女、続いては「会場を桜色に染め上げてくださいね」と告げて、TVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』より、「リワインド」をプレイ。ピンクのペンライトが輝く会場のなかで、スタイリッシュなサウンドとともに清涼感あふれる歌唱を聴かせた。

Day1では鬼頭明里がサプライズ登場した、「ANIMAX MUSIX」がニューカマーを紹介する「BRAND NEW SELECTION」のコーナーでは、Roseliaでのステージを終えた相羽あいなが今度はソロで登場。真っ赤なドレスに身を包み、「Everyday’s Evidence」でパワフルかつエレガントな歌唱を聴かせる。続く「Lead the way」ではグルーヴィなダンスサウンドに乗って、情熱的な歌唱を聴かせる。カリスマ性抜群なRoseliaでのステージに対して彼女の気さくな表情を見られて、また異なった魅力を感じさせるステージだった。

続いてはカバーコーナーですでに登場していたMYTH&ROIDのステージ。仮面をつけたままのTom H@ckのヘヴィなリフとともにスタートした「TIT FOR TAT」では「We're shouting Oh Yeah」という、シンプルかつ最強なサビのシンガロングが圧巻だった。その熱狂がひいて会場の静寂あと、あの印象的なイントロが流れる。悲鳴にも似た歓声に包まれた「STYX HELIX」では会場が一転してエモーショナルなサウンドで観客を魅了した。そして最後は、「JINGO JUNGLE」でふたたびアグレッションを取り戻す。KIHOWの呪術的な歌唱も素晴らしく、完全にMYTH&ROIDの世界観に染め上げたステージとなった。


ここからは、昨日に続いての『週刊少年マガジン』60周年を記念したカバーコーナーへ。まずは『五等分の花嫁』より、自身も中野三玖役で出演した伊藤美来が、内田 彩「Sign」をカバー。三玖が歌う「Sign」もまたエモーショナルである。続いては『魔法先生ネギま!』より「ハッピー☆マテリアル」を石原夏織と鈴木みのりがカバー。「少年マガジン」のみならずアニメミュージック史に残るアンセムをふたりのキュートで軽快なパフォーマンスを見せた。

2日間に渡って行われた「ANIMAX MUSIX 2019 KOBE」、その大トリを飾ったのは茅原実里だ。冒頭に鳴らされた「エイミー」では、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の美しい映像とともに彼女らしい優しく瑞々しい歌声を聴かせた。そのままプレイされた「境界の彼方」では、エモーショナルなバンドサウンドに対して優しくもまた力強さの加わった歌声を響かせた。MCで声優としてデビューして15周年を迎えたことを語った彼女だが、続く「TERMINATED」ではそのキャリアに裏打ちされたダイナミックかつ美麗な歌唱を聴かせる。そして「ラスト1曲、燃え尽きようぜ!」と叫んでの鉄板曲「Paradise Lost」では、会場が真っ赤に染目揚げ、熱狂のまま見事大トリを締めくくった。

最後にはDay1と同じく『スクールランブル』より「スクランブル」を出演者全員で歌い、初の神戸開催となった『ANIMAX MUSIX KOBE』2日間が熱狂のまま終わった。初めての神戸でのライブも、2日間ともに最前線のアーティストたちによる最新のアニメミュージック、そしてここでしか観られない貴重なコラボを含むカバーという、まさに「ANIMAX MUSIX」印のライブが展開された。そして、この熱狂はそのまま11月23日に開催される「ANIMAX MUSIX 2019 YOKOHAMA」へと続いていくのだ。

取材・文:澄川龍一

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ