時代を越えて今も愛される、アニメ「犬夜叉」の魅力とは!?

UtaTen

2019/11/2 17:00

TOP画像引用元 (Amazon)

るーみっくわーるど作品!


画像引用元 (Amazon)

アニメ『犬夜叉』の原作は、『週刊少年サンデー』(講談社)にて1996年~2008年まで連載された、巨匠・高橋留美子による、大人気少年漫画!

『犬夜叉』は、第47回小学館漫画賞・受賞作品で、コミックは全56巻にも及びます!

アニメ終了後も『犬夜叉』の人気は変わらず、2017年4月にはゴールデンボンバーの喜矢武豊が主演の舞台も公開され、大好評でしたね。

2019年開始の、高橋留美子による新作『MAO』のPVにも、『犬夜叉』が登場していますよ。

アニメ『犬夜叉』の舞台は、あらゆる願いを叶えるという宝玉「四魂の玉」を巡り人間と妖怪の争いが続く、戦国時代の日本。

四魂の玉を奪った犬夜叉を封印した桔梗の亡骸とともに玉が燃やされたため、四魂の玉はこの世から消え去りました。

時は流れ、神社の娘・日暮かごめは15歳の誕生日に、神社の祠の井戸から戦国時代へとタイムスリップしてしまいます。

実は、かごめは桔梗の生まれ変わり。

かごめの体内から四魂の玉が現れ、犬夜叉は蘇り、玉を巡って妖怪たちが動き出して…!?

「犬夜叉」は、見どころいっぱい!


画像引用元 (Amazon)

人間の母と大妖怪の父の間に生まれた半妖・犬夜叉。

破魔矢を用いて敵を浄化する巫女・桔梗の生まれ変わりで、現代から戦国時代にやってきた少女・かごめ。

この2人が、美形で女たらしな不良法師・弥勒や、妖怪退治を生業とする退治屋の頭の娘・珊瑚、子狐の妖怪・七宝など、新しい仲間と出会い、旅を共にする経緯が泣けます。

弟を思う珊瑚の気持ち、親を思う七宝の気持ち、自らの生き方を思う弥勒の気持ちには、心を打たれますね!

同じ妖怪を父に持ちながら、兄は妖怪、弟は半妖の、犬夜叉と兄・殺生丸が対峙するシーンも見もの!

人間の少女と触れ合うことで情を知っていく殺生丸と犬夜叉が、何度も刃を交えながら、違いを乗り越え、お互いを認めるようになる展開には、涙、涙ですよ。

犬夜叉とかごめ・桔梗の三角関係の行方は、せつない…。

奈落たち妖怪と戦う迫力満点のバトルシーンには、引きこまれてしまいます!

派手なバトルアクション、仲間との絆、成長物語、ラブコメ、生きるということの深いテーマ…。

『犬夜叉』は、さまざまな方向から楽しめる傑作です!

キャスティングも素晴らしい!


画像引用元 (Amazon)

アニメ『犬夜叉』は、アニメ『ガンダム』シリーズでおなじみのサンライズが、アニメーション制作を担当。

迫力のある、美しい映像で描かれた世界は素晴らしいですよ。

≪声のキャスト≫
犬夜叉:山口勝平
日暮かごめ:ゆきの さつき
弥勒:辻谷耕史
珊瑚:桑島法子
七宝:渡辺久美子
桔梗:日高のり子
殺生丸:成田剣
奈落:家中宏(未変化)
人見蔭刀:森川智之
冥加:緒方賢一
刀々斎:八奈見乗児

『犬夜叉』のキャストは押しも押されぬ名優ぞろいで、さすがの演技!

OP・EDは、安室奈美恵やV6、AAA、dreamなど、人気歌手が多数、歌っていますよ。

もしも見逃してしまった人は、Huluなら全話、Amazonプライムなら2期を無料で見ることができますよ。

世界観とキャラクターの魅力が爆発しています!ぜひご覧ください。

V6が歌う初代OPは犬夜叉の想い!


画像引用元 (Amazon)

初代OP『CHANGE THE WORLD』は、作詞・松本理恵、作曲・渡辺未来、編曲・上野圭市、歌っているのはV6。

『犬夜叉』は、V6が初めて担当したアニメの主題歌です。

それでは、『CHANGE THE WORLD』の歌詞の一部を見てみましょう。

「君に出逢えたとき 本当の居場所見つけた」は、犬夜叉の素直な想い。

孤独な犬夜叉がかごめと出逢い、自分はこの世にいていい存在なんだと思えるようになったことを描いていますね。

だからこそ、「二度と迷わない」「君といる未来 形どれば 何処までも跳べるさ」と続くのです。

犬夜叉のかごめへの愛と信頼が、あふれています。

かごめを知り仲間を得て、本当の意味で強くなった犬夜叉は、まるで鳥が翼を広げて大空をはばたくように、「知らない明日」へと力強く翔ける、希望に満ちているのです。

曲調も爽やかで、『犬夜叉』にぴったりの楽曲。

OP映像も歌詞と合っていて最高です!

初代EDは、桔梗の想いを描いた歌!


画像引用元 (Amazon)

初代ED『My will』は、作詞・松室麻衣 、作曲・y@suo ohtani、編曲・菊地圭介、歌っているのは、dreamです。

dreamは後にDreamとなり、他の2チームと合同でE-Girlsとなりますね。

それでは、『My will』の歌詞の一部を見てみましょう。

これは、もう1人のヒロイン・桔梗の歌ですね。

かつて犬夜叉と恋仲であったのを奈落の罠によって引き裂かれたうえに、望まないのに蘇生され、自分の転生者・かごめと犬夜叉との心の交わりを目にする桔梗…。

生まれ変わった桔梗は生前の時に抑えていた犬夜叉への想いを爆発させたかのように、喜怒哀楽が激しくなります。

「あなたの事を想う それだけで心が  強くなれる気がする」とあるように、今の桔梗を動かしているのは、犬夜叉への想いだけ。

けれども、しょせん自分は死人。

決して犬夜叉と結ばれるはずがないことは、誰よりも自分がよくわかっているのです。

決してかなうことのない「儚い想い」だけでも犬夜叉に届けたい…。

この歌は、ぜひEDの映像とともに聞いてほしいですね。

EDには、桔梗とかごめ、珊瑚の3人が出ますが、映像のメインは死人の花・彼岸花…、つまり桔梗なのです。

彼岸花の花言葉は「悲しい思い出」「想うのはあなた1人」

EDで桔梗が彼岸花を手折った後に映る一面の彼岸花は、全部茎が折られています。

映像と歌詞と曲から、桔梗の悲しい決意が伝わってきて、何とも言えない切ない気持ちにさせられますよ。

「犬夜叉」はいまだに人気の名作!


画像引用元 (Amazon)

原作終了から10年以上たっても、『犬夜叉』の人気は衰え知らず!

2019年に入ってからも、さまざまなゲームとコラボしたり、Tシャツや腕時計、香水などが作られていますね。

コスプレも人気です。

まだまだ『犬夜叉』から目が離せません!

犬夜叉 official web

TEXT 有紀

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ