北海道マラソンのコースは「何も無くて飽きる」「実況泣かせ」 情報番組がこき下ろして炎上

2020年東京オリンピックのマラソンと競歩の札幌開催が1日、正式に決定した。同日放送の情報番組はこのニュースをトップに扱っていたが、司会やコメンテーターの発言が「札幌をdisりすぎ」「札幌をバカにしている」といった批判がネット上で相次いでいる。

特に批判が多かったのは、TBS系の『ひるおび!』と日本テレビ系の『情報ライブ ミヤネ屋』だ。両番組とも北海道マラソンのコースを辿り、9月に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)のコースと比較していた。

北海道マラソンは、札幌市中心部の大通公園を発着点に道庁舎、テレビ塔、すすきの、北大など地元の名所付近を巡るコースである。最大の難所と言われるのが折り返し地点となる新川通りで、往復約13kmにわたって木陰が一切なく、直射日光を浴び続けながら単調な道を走らなければならない。

この新川通りに「ここは建物が何も無いところで、走っても走っても前に進んで行かないような…飽きちゃうんですよ! 心が折れる区間です」と文句タラタラだったのが、北海道マラソン経験者のスポーツコメンテーター・千葉真子さんだ。司会の恵俊彰(ホンジャマカ)が「雷門とか、いろんな物が見えた方が良いんだ」、「東京の方が高いビルとかあって、日陰ができるかもしれない」と言えば、さらに千葉さんは「ここ(新川通り)は駅から3kmぐらい離れていてアクセスも悪く、応援も少ないかと心配している」など次から次へと北海道マラソンのコースへの不満を口にする。それに恵が「応援する人も走っていかなきゃ行けないんだ!」と応え、スタジオ内から笑い声があがっていた。

『ひるおび!』では新川通りをGoogleのストリートビューを使って説明していたが、『情報ライブ ミヤネ屋』では現地からの生リポートだった。同番組の中山正敏リポーターも「風が吹くとふきっさらしですね」と不安を口にし、最寄り駅から歩いて40分もかかることから観客の交通手段を心配する。司会の宮根誠司アナはこの新川通りは実況泣かせだとし、「真っ青な空、緑の木々を繰り返すしかない」「東京だったら色々言えるが」と話していた。

この両番組に対し、ツイッター上では批判の嵐になっている。『ひるおび!』には「札幌にマラソン決まって、なぜこんなにディスられなきゃならないの? 何にもないとか、単調で辛いとか、街中には百貨店とかあるそうですとか、バカにしすぎじゃない?」、「冗談にしても放送で言って良いことと悪いことがあります。スタジオ内で面白くても、道民は不愉快極まりない」、「千葉真子は3回も優勝しといてコースに文句言う? もう2度と北海道のどんなマラソン大会にも来て欲しくない」、「あまりにもめぐみのマラソンコースについての態度にムカついてTBSの視聴者センターに苦情入れた」、そして『情報ライブ ミヤネ屋』には「確かに新川通は何もない。けど鼻で笑われながら“こんなとこ”呼ばわりされる筋合いは無い」、「いつまでも『東京でやりたかった』『札幌はこんな風にダメ』ばかり。選手ファーストじゃなく、東京ファースト」、「東京が札幌disみたいな流れよくない」など北海道民や札幌市民だけでなく、東京都民からの声も見受けられ。両番組の放送内容を不快に感じた人が少なくないようだ。

『TBS東京オリンピック2020』の総合司会を務める安住紳一郎アナは北海道帯広市出身だが、北海道マラソンのコースをどう思うのか、実況泣かせのコースなのか、彼に聞いてみたいものだ。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ