高畑充希『同期のサクラ』 泣ける 刺さると話題沸騰、4話までを期間限定配信

dwango.jp news

2019/11/1 20:00


『過保護のカホコ』制作チームが集結し、主演・高畑充希と、脚本家・遊川和彦が再びタッグを組み、現在放送中の日本テレビ系水曜ドラマ『同期のサクラ』。

初回放送後、「サクラのひたむきな姿が泣ける!」、「じいちゃんのFAXの言葉が刺さる!」など話題沸騰の『同期のサクラ』。それを受けて、この度ここまで放送された『同期のサクラ』の全4話が期間限定で、無料ネット配信されることが緊急発表された。

Huluでは既に配信されているが、TVer及び、日テレTADA、GYAOでも4話がすべて配信される。配信期間は、このあと4時間後の11月2日午前0時より、11月6日(水)の22時までの6日間の“期間限定”となっている。3連休にぜひ、これまで放送された4話を一気見してみてはいかがだろうか。詳しくは『同期のサクラ』公式HPまで。

なお、『同期のサクラ』公式ツイッターでは、この緊急無料配信を受けて、「同期のサクラ・これまでの4回の放送で「夢」を何回言っているのか?クイズ」も併せて実施することも発表された。当選者の中から抽選で5名様にドラマ公式グッズをプレゼントする。クイズの応募は、『同期のサクラ』公式ツイッターまで。応募の締め切りはこちらも11月6日(水)の22時までとなっている。

11月6日(水)の22時からは、いよいよ第5話が放送となる。第5話はサクラたちが入社してから5年後の2013年が舞台となっている。

都市開発部の若きエースとして活躍する葵(新田真剣佑)は、社内表彰で「社長賞」を受賞し、いつものように調子の良いスピーチをするのだが、花村建設の社長(西岡德馬)から「お父さんによろしく」と言われ、複雑な表情を見せる。

その頃、都市開発部では、目玉となるプロジェクトが国の予算の都合で急遽凍結されるというトラブルが発生!表彰状を持って意気揚々と社長室から戻ってきた葵は、青天の霹靂に慌てるが、上司からは、お前にできることは「国交省の父親に頼むことだ!」と実力ではなくコネを当てにされ、複雑な気持ちを抱く。劣等感と疎外感で苦しむ葵に対して、サクラが取る行動とは果たして!?

(C)日本テレビ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ